« 舌苔とは―舌磨きの方法 | トップページ | 大事なハミガキの力加減の話 »

2013年9月11日 (水)

根分岐部病変|歯周病以外の原因

Konkan1画像出典:根管治療|予防・インプラントセンター山口歯科医院

歯周病以外でも根分岐部病変を発症することがあります。

根分岐部病変がある場合、その原因をきちんと見分けねばなりません。

 

歯の神経が死んでしまい、それを放置しておくと、根の中が細菌の巣「感染根管」となってしまいます。そして、分岐部の骨が吸収され(溶け)ていきます。

神経が死ぬ原因は、主に虫歯。

また、かみ合わせの不具合によることもまれにあります。

さらに、エンド・ぺリオ病変というものもあります。
(エンド=歯内・根管ぺリオ=歯周、両方の複合病変。それぞれが独立に根分岐部病変を引き起こすこともある
複雑に原因がからみあっていることがあるんです。

 

歯周ポケットが深く、レントゲン写真でも根分岐部にはっきりとした透過像がある。しかし、例えばそれが1歯だけの場合は、歯周病以外の原因を疑う必要があります。

このような場合、まずこの歯の神経が生きているか死んでいるかの確認を行います。(電気歯髄診断器を当てて、反応がなければ神経が死んでしまっていることがわかります)

神経が死んでいたら根管治療(神経を抜き、根の中をきれいにして合成樹脂を詰める処置)を行います。

神経が生きていたら、歯周治療(根の周りをきれいにする処置)を行います。

根管治療で治らないときにも、歯周治療を行います。

根管治療だけで回復するケースもあり、その場合歯周治療は慎重に行わなければなりません。(根の周りをむやみにガリガリと傷つけないように)

処置後は、レントゲン写真で分岐部の骨の治り具合を確認していきます。経過観察が大事なんですよ。

 

根管治療や歯周治療をしても治らない場合に、外科処置による対応を検討します。

根分岐部病変|外科処置のいろいろをご覧ください。

 


歯根(歯の根)も、木の根のように曲がっていたり窪んでいたり。歯根の中の神経は、葉脈のようなっているものもあります。

根管治療は、それだけ複雑な場所を手さぐりで行わなければならないので、とっても大変な治療なんです。

そんなこんなで今では根管治療専門の歯科医院があり、マイクロスコープを使って確実に治療を行っている歯科医院もありますよ。

 

コメントもいただけると大変嬉しく励みになります。


人気ブログランキングへ

« 舌苔とは―舌磨きの方法 | トップページ | 大事なハミガキの力加減の話 »

1.歯周病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 根分岐部病変|歯周病以外の原因:

« 舌苔とは―舌磨きの方法 | トップページ | 大事なハミガキの力加減の話 »

フォト

記事一覧

関連ブログ

無料ブログはココログ