« 歯科衛生士 | トップページ | 素敵な歯科医師 Part1 »

2013年9月 4日 (水)

歯周病の治療

Dental_hygenist

歯周病の初期治療とは?

私が行っている診療をご紹介します。

まずいちばん初めは問診を行います。

お口の中で気になっていることはないか、しみる歯があるとか、噛むと痛む歯があるとか、歯を磨くときに血が出るなどその方が困っていることはないかを確認します。

また、健康状態や生活習慣をお聞きして、歯周病や虫歯のリスクの大小も確認しておきます。 

次に歯肉の炎症部位をチェックし、歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)の深さを1本ずつ測っていきます。

そのときに歯周ポケットからの出血や排膿を確認し、動揺度(歯のぐらつき)のチェックや、
知覚過敏(しみる所)のチェックも行います。
それらをチャートに記録していきます。


大事なのはその結果をきちんとお伝えすることなんですね。

どこの歯ぐきが炎症を起こしているか、どこの歯の歯周ポケットが深いのかetc.

チャートをお見せし、それから手鏡を持ってもらい直接見ていただいてお伝えします。

なぜかというと歯周病は患者さんの協力なしには改善されないものだからなのです。

次に、その方のお口の状態に合った正しい歯のみがき方、補助用具(歯間ブラシやデンタルフロスなど)の使い方などをお教えします。

ある程度、歯ぐきの炎症が落ちついたところで(約1~2週間後)、歯周ポケットの中のクリーニングを行います。

歯ぐきの炎症が落ちついてからの方が傷みや出血がなく歯石などが取れるからなんです。

歯石は1~2回で取れる場合もありますが、歯ぐきの中に歯石がたくさん付いている場合は4~6回ほどかかる場合もあります。

歯周ポケットが深く痛みがある際は麻酔をして行います。麻酔が痛くないように、表面麻酔を塗りほとんど痛みなく麻酔を行います。(ドクターがしますよ。)

再度、歯みがきのチェックをします。なぜなら、歯石を取ればある程度は良くなりますが、磨けないとまたすぐにもとの状態に戻ってしまうからなんです。

暫くたってから(約1ヵ月後)再評価といって歯周ポケットの検査をします。

そのとき深かったポケットが浅くなり、血や膿が出ないことを確認します。

状態が安定したのを確認し、メインテナンスへと入っていきます。

 

歯周ポケットはなぜ浅くなるの?

歯根の周りの細菌性物質(歯垢や歯石)を取り除くことで、歯周ポケット内の環境が良くなりますよね。

そうなると炎症の治まった歯肉内面と、きれいになった歯根面がくっつこうとするんです。
(上皮性付着といいます。) 

結果、歯周ポケットが浅くなり歯周病の進行はストップします。

細菌から逃げていた骨も、その必要がなくなりますね。

元の健康なレベルにまでは戻りませんが、骨密度が増すので結果的に歯の動揺が改善されるのです。

歯周病の治療にあたっては、お口の中の状態や手の器用さ年齢などを考慮して、
その方に合ったいちばんいい方法を探していきます。

あたりまえのことのようですが、これをきちんとしている歯科医院は、あまり多くはないのが現実なんです。

30年前よりはだいぶ増えたようですけどね。

私は、現在2件の歯科医院で1対1の患者担当制で診療を行わせていただいています。


1回1人30分~45分でアポイントをとらせていただいてます。
両医院とも保険診療です。

歯周病の治療は、自費診療のところと保険診療のところがあります。

自費診療ではだいたい1回につき¥5000~¥10000

保険診療ではだいたい1回につき¥1000~¥3000
といったところでしょうか。ご参考までに。

歯周病の治療で大切なこと

1、正しい歯みがき

2、歯ぐきの中に入っている歯の根の表面に付いた歯石をとること

3、生活改善をすること(食生活、睡眠、ストレスなど)

4、定期的に専門家の歯科衛生士のクリーニングを受けること

ribbonコメントもいただけると大変嬉しく励みになります。

« 歯科衛生士 | トップページ | 素敵な歯科医師 Part1 »

歯周病」カテゴリの記事

コメント

ブログを読んでいただきありがとうございます。

この度は、突然「歯周病です。さらに近い将来奥歯を抜くことになる。」と言われ
ショックを受けられたのですね。

30代、40代では4~5mmのポケットは8割以上の方がどこかしらにあるものです。
ただ、それを皆さん知らないだけなので、ある日、歯医者さんに突然そう言われてビックリされるんですよね。
5mmあるからといって、近い将来抜歯ということは全くありません。

うちの息子(19歳)も先日久しぶりにポケット検査をしたところ、
右下7番舌側に5 mmのポケットがありました ^^;
ちなみにそこは超音波スケーラーで綺麗にして、
あとはハブラシをきちんと当ててネ!で様子見です。

7番の口内炎のようなものは、もしかしたらフィステルかもしれません。
歯根に細菌感染があったり、歯周病が原因の事もあります。
近い将来抜歯をしなければいけない原因は、何かそのあたりにあるかもしれないですね。7番だと8番(親知らず)が原因の歯周炎かもしれません。

私の勤めている診療所に初診で来られて、歯周病について話を聞いたことがある、
歯周ポケットを詳しく測ってもらったことがあるという方はほとんどいません。
都内でもこんな現状です。
ですので、歯周病学会もしくは臨床歯周病学会のホームページからお近くの歯科医院を検索して通われた方がいいかもしれませんね。

自分の歯がいちばんですので、是非これからも大切にしてください。
また何かありましたら、お気軽にコメントしてくださいね。

では、お大事にどうぞ。

プログを拝見させて頂き、どれも凄く勉強になりました。
それに治療に対して熱心な姿勢に心打たれました。
大阪在住のため、通える距離だったら…と残念でなりません。

私も6月末に歯周病と診断を受けました。
奥歯7番が歯槽膿漏で近い将来抜く事になるでしょう。
と言われ、ショックと歯が抜ける恐怖で本当に心が参ってしまいました。
歯周病の知識も教えてくれないし、歯磨き指導もない、
歯石取りも見える部分だけしかしてもらえてないように思います。
ちなみに歯周ポケットは4~5mmだそうです。
こちらから質問しない限りポケット深さすら教えてもらえない状態です。
今は奥歯7番の歯と歯茎の境目に口内炎のようなものができ、
先生に診て頂いても気にし過ぎ。と言っておしまいで治りません。
今のままで大丈夫か不安で、歯周病専門医に転院しようか迷ってます。
歯医者恐怖症なので本当に参ってます。

こんなコメント送ってすみません。
どうしても専門の方に聞いて欲しかったので。
自分の歯を失いたくないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595419/58126316

この記事へのトラックバック一覧です: 歯周病の治療:

« 歯科衛生士 | トップページ | 素敵な歯科医師 Part1 »

フォト

メニュー

関連ブログ

  • ↑応援クリックお願いします!
無料ブログはココログ