« 素敵な歯科医師 Part1 | トップページ | 奥歯のだいじな話 »

2013年9月 4日 (水)

知ってるようで知らない歯周病

Periomaintenance  
歯を磨くと血が出たり、歯ぐきが腫れたり、歯がグラグラしたりするのが歯周病だと思っていませんか?そうです、歯周病です。
しかしそうなってしまっては、もう末期の状態の歯周病かもしれませんよ。
 

血がでる症状は初期の頃にもよくありますが、歯医者さんに行こうと思うほどの状態になった時には、かなり歯周病は進行していることが多いのが現実です。

歯周病になっている歯があるかないかを調べるにはどうすればよいのでしょうか?

初期から中期の歯周病では自己診断は難しいでしょう。
なぜって?それは自覚症状がほとんどないからです。
歯科医院では初診時にパノラマ撮影といって、お口全体が把握できるレントゲン写真を撮ります。
レントゲン写真は歯に対して周りの骨がどれぐらいあるかがわかります。ちなみに痛みのない虫歯なんかもわかります。
しかし、これは二次元であるので歯をささえる周りの骨すべての状態まではわかりません。
そこでメモリの付いた器具で歯周ポケットを測り、歯の周りに深い溝がないかを確認していくのです。
 
歯周ポケットとは?
歯と歯ぐきはピタッとくっついているように見えますが、
必ず1~2mmの溝があります。

歯の周り1周に物が入り込む隙間(ポケット)があるんです。

歯周病になるとそのポケットがだんだん深くなります


ブラッシングが行き届かないと歯垢プラーク細菌が付きます。

そのままにしておくと歯ぐきが炎症を起こします。

プラークは口の中にいる細菌で、これはただの食べかすではありません。

歯の表面には唾液中のたんぱく質(ペリクル)がついています。

そこを足場にお口の中の細菌が集まってできたものなんです。 

 

 

 

Perio3

 

歯周病の進行を簡単にお話しますと、

まずプラークがついている部分の歯ぐきが炎症を起こします。

炎症とは…赤くなる・腫れる・血がでる・痛みがでるなどです。

からだは良くできていますよね。

プラークという細菌を中に入れないよう、そこへ血液の成分が集まってくるんです。

細菌は口の中という暖かく湿りけのある食べものも入り栄養のある環境が大好きです。

細菌は毒素や酵素をだします。そして、だんだん数や種類を増してくるんです。

やがて歯ぐきが炎症を起こします。細菌に対する生体の防御反応なのです。

 

 

歯ぐきが炎症を起こしているところには必ずプラークがあります。

そして、ある程度は歯肉炎(歯ぐきのみの炎症)といった状態でとどまりますが、いずれは歯周炎へと移行し歯の周りの組織(歯根膜や歯槽骨)が減っていきます。

初めは1~2mmだった健康な歯肉溝(ポケット)が3mm、4mmとだんだん深くなっていきます。

その深くなったポケットの中にプラークが入り込みます。

 

 

プラークは2~3ヶ月で歯石になります。

歯周ポケット内の歯石はとても硬くデコボコしているので、歯ぐきを内側から刺激することとなり歯ぐきを痛めるのです。

歯石の表面には細菌もついています。

 

歯周ポケット内では酸素を嫌う嫌気性菌が繁殖し、それが歯周病を進行させる直接の原因となります。

 

歯周ポケットが深くなると歯槽骨という歯を支える骨に影響が出てくるんです。


人間の骨は病気の部分からある一定の距離を保とうとするんです。

やがて破骨細胞という細胞により徐々に骨は破壊されます。

もし、破壊されないと細菌が入り骨髄炎などの重い症状になってしまうんです。上手くできていますね。

 

 

目安として、歯周ポケットが3~4mmだと軽度、4~6mmは中程度、mm以上だと重度歯周病になります。

6mm以上の歯周ポケットを有している歯が存在すると口臭を伴うことがほとんどです。

また10㎜を超えると抜歯となるケースが多いですよ。

歯周ポケットの深さは、歯ぐきの下がり具合、骨のなくなり具合を考慮する必要があります。

歯の根っこに対して周りの骨が少なければ、ポケットが浅くても気をつけなければいけません

逆に歯の根っこに対して周りの骨が充分にあれば、ポケットが多少深くてもそれほど心配しなくて大丈夫なのです。

Periodontaltreatment_2

 

歯周病はならないようにするのは実は簡単なことです。

虫歯や歯周病をはじめとするあらゆる口腔疾患は、プラークがなければ発現も進行もしません。

 

これらの病気を防ぐためには、細菌が成長しないように、プラークを定期的に取り除けばよいのです。

定期的というのは、丁寧なブラッシング(自分でするハミガキ)を最低1日1回と、歯科衛生士によるクリーニングを3~6ヶ月に1回ですね。

歯周ポケットも半年~1年に1回はチェックしてもらうと安心です。

 

 

歯周病はならないようにするのは簡単なことと言いましたが、ここでいくつか注意が必要です。

全身疾患があると、ちょっと進行しやすい病気です。

糖尿病など細菌に対する抵抗力が衰える病気があると歯周病は特に進行しやすいんです。

遺伝的に歯周病の進行が早いと思われる人もたまにみかけますね。

ご両親どちらかが早い時期に総入れ歯になったなんていう人は注意された方がいいと思います。

 

あと歯周病のリスクが高いのはたばこを吸う人。

たばこを吸っていると末梢への血流が悪くなり細菌がいても戦えないのです。結果、ハミガキで血が出ないので安心してしまうんですね。

安心してしまい知らないあいだに重度の歯周病になっていた。

なんていうこともかなりのケースでありますよ。

 

 

重度の歯周病では細菌と血液の成分(白血球)が戦った結果、が出ますその膿が口臭の原因であることがほとんどです。

また、ブラキシズムといって歯ぎしりや、くいしばりをする人も注意した方がいいですよ。ほとんどの人がしていますが自覚していません。

それらは歯周組織に大きな負担をかけます。

また咬み合わせの問題も重要です。

咬合性外傷といって、咬み合わせの不具合により歯周組織に負担をかけ歯周病を進行させてしまうことがあります。

 

 

歯周病の進行はストレスとも多いに関係しています。

それは、精神的ストレスや過労、不規則な生活、風邪をひいてしまった時などからだの抵抗力が弱まったときなんです。

歯ぐきの方も細菌と戦う力が弱くなります。

そして歯周炎はそのようなときにグッと進行してしまうのです。

 

 

歯周病は、平穏期と進行期をくりかえし階段状に進行してゆきます。

 

ハブラシが届かない所はだいたいいつも一緒ですよね。

ハブラシだけで磨いておしまい、なんていう人はたいてい歯と歯の間にプラークの取り残しがあります。

歯の表がわは良く磨くけど、裏はテキトーなんていう人もたくさんいらっしゃいます。

それから、一日一回、朝だけ磨くという人も。

 

 

お酒を飲んで歯を磨かないで寝てしまう人のなんと多いことか・・・

たいていそういう人は重度の歯周病にかかっていますよ。

寝ているあいだは唾液の量も少なく細菌が繁殖しやすいんです。

 

自覚症状が出にくい、出てからの進行は早い
歯周病は予防するのが何より大切ですね!

 

 

 

歯周病の予防そして治療をご覧ください。

 

ribbonコメントもいただけると大変嬉しく励みになります。

 

« 素敵な歯科医師 Part1 | トップページ | 奥歯のだいじな話 »

歯周病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595419/58126553

この記事へのトラックバック一覧です: 知ってるようで知らない歯周病:

« 素敵な歯科医師 Part1 | トップページ | 奥歯のだいじな話 »

フォト

メニュー

関連ブログ

  • ↑応援クリックお願いします!
無料ブログはココログ