« 知ってるようで知らない歯周病 | トップページ | 根分岐部病変の話 »

2013年9月 4日 (水)

奥歯のだいじな話

News_desarrollo5

奥歯は食べ物を咬み、すりつぶす役目をしている大切な歯です。
前歯で咬み切り、奥歯ですりつぶすことで消化を助けます。

下図1~3までが前歯、4~8の平らな噛む面があるのが奥歯です。
(8は親知らずなので、生えてない又は元からないこともありますよ。)

Ph1



奥から2番目の歯(前から6番目)は第一大臼歯またの名を6歳臼歯といいます。

だいたい6歳くらいに生え、長い年月、物を咬み続けているんですね。

咬む面が一番広い歯ですし、噛む力もとても強い歯なんです。

大事なのはその 、正確にいうと根の周りの「」なんですね。

本当に歯を守るには出ている歯も大切ですが、それ以上にかくれている根を支えているまわりの骨を守ることが何より大切なんです。

1


キーワードは根分岐部病変
歯周病が進行していくとこの病変が現れます。


これにかかると非常にやっかいな事になるんです。

根分岐部病変の話をご覧ください。


人気ブログランキングへ

ribbonコメントもいただけると大変嬉しく励みになります。 

 

« 知ってるようで知らない歯周病 | トップページ | 根分岐部病変の話 »

歯周病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595419/58126649

この記事へのトラックバック一覧です: 奥歯のだいじな話:

« 知ってるようで知らない歯周病 | トップページ | 根分岐部病変の話 »

フォト

メニュー

関連ブログ

  • ↑応援クリックお願いします!
無料ブログはココログ