« 歯が1本になった患者さんは | トップページ | 親知らずの危うさにびっくり! »

2013年9月14日 (土)

インプラントのメインテナンス

Pak86_miagerebamidori1226_tp_v1

インプラントを長持ちさせるのもダメにするのも、実はお手入れにかかっているんです。インプラントは入れておしまいではなく、入れてからのケアがとても重要になります。
 
家で行うホームケアと、歯科医院で行うケアについて紹介しますね。
まず家でのケアですが。。。
インプラント体の周囲(歯ぐきとインプラントの接している部分)に、清掃用具が届くように磨くというのが基本です。 

インプラント1

ハブラシで表・裏・側面が届くようであればいいのですが、何らかの補助用具を使わないと磨けないケースがほとんどです。
そのうちのひとつとしてまずは歯間ブラシですね。
インプラントを傷つけないようにワイヤーをウレタンコーティングしたものもあります。歯間ブラシが通れば、簡単に磨けると思います。

また、上部構造の形により、歯間ブラシが入らないこともあります。
そのようなときは、スーパーフロスを通し、巻きつけるように磨いてあげます。
タフトブラシという毛先が小さいハブラシでお掃除をしてもいいと思います。
いずれも歯科医院で購入できますが、できれば歯科衛生士の指導のもとに使われることをおすすめします。
しかしたまに、インプラントを入れている方で、「磨き方は特に教えてもらわなかった。」という患者さんが来院されます。実はそういう方を何人もみてきました。
なぜ、インプラントを入れた患者さんにきちんと磨き方を教えないんだろうと不思議でなりません。
毎日のケアが大切なことは、歯科医師・歯科衛生士は充分に理解されていると思うのですが‥‥。think
 
 
次に歯科医院でのメインテナンスですが。。。
インプラント体と上部構造にぐらつきはないか、インプラント体周囲の粘膜に異常がないかを確認していきます。
次にインプラントを傷つけないプラスチックのプローブ(歯周ポケットを測る道具)を使って、インプラントの周りに深いポケットがないかを確認しますね。
表面的には何の症状がなくても、深いポケットを有することがあるのです。
これは、歯周病と同じです。
 
そして、もっとも大切なのはホームケアがきちんとできているかのチェックです。
上手く磨けていない所があればそれをきちんとお伝えし、磨けるようにアドバイスをさせていただきます。
 
そして、インプラント周囲とお口全体の、プロフェッショナルクリーニング(歯科衛生士による口の中の徹底的なクリーニング)を行います。

もし磨けていない所があり、時間がたっていれば、歯肉(歯ぐき)に炎症を起こしていることと思います。
そのように炎症を起こした状態をインプラント周囲粘膜炎といいます。
これは粘膜のみの炎症で、まだ骨には影響が及んでいない状態です。
このインプラント周囲粘膜炎のうちに、改善していくことが大切なんです。

この状態を放置してしまうと、いずれインプラント周囲炎へと移行してしまいます。
インプラント周囲炎は、歯周炎(歯周病)と同じで、インプラントを支えている周りの骨が吸収してい(溶けて)くんです。

ポケットが深くなると、当然細菌もそこへ入り込みますので、歯周炎(歯周病)と同じように、インプラントも抜けてしまうことになるんですよ。
インプラント周囲炎も初期の状態で発見し、歯周病の治療と同じようにポケット内のクリーニングを行い、環境を改善すれば回復できます。
ただし、インプラント体のクリーニングは、それほど簡単ではありませんので注意が必要なんですよ。

インプラントは単独だと揺れもわかりますが、ブリッジとしてつながっている場合もとても多いので、揺れなどに気づかず、深いポケットを作ってしまうことが多いのですですので、定期的なチェックは必ず受けられた方が良いですsign01

インプラントはかみ合わせもとても大切です。
これは歯科医師にチェックしてもらいますね。必要であれば、かみ合わせの調整をしてもらいます。
歯ぎしりやくいしばりなどがあり、それがインプラントへ負担をかけているようであればナイトガード(夜間に歯に装着する歯のカバー)などを作って、入れるようにした方がいいケースもあります。
 
レントゲン写真で骨の状態を確認することもあります。
インプラント周囲炎になると、インプラント体の周りに黒い透過像が現れます。
インプラント2
 
インプラントは見た目も良く口の中での違和感もなく、とてもすばらしいものですが、以上のようにケアが重要であるということなんです。
 
 
012

昨年行われた日本臨床歯周病学会の研修会での話です。
来日されたアメリカ歯周病学会(AAP)会長の講話後の質疑応答で、日本のベテランの歯周病専門医の先生が質問をされました。
(現在のアメリカはとてもインプラントが盛んな国です。)
 「日本はこれからますます高齢化社会となります。インプラントを入れた方が寝たきりになり、インプラント周囲炎になったら、どのように治療すればよいですか?と。
。。。その質問に明確な答えは返ってきませんでした。

しかし、AAP会長は、とにかく予防が大事であること、
インプラントはメインテナンスしやすいものであること、
最初から予防というものを考慮した治療が必要です、とおっしゃっていました。
私は、この質問をされた先生は、とても重要なことを、その場にいらっしゃった歯周病学会の先生がたヘ投げかけているな~と感じました。
 
インプラント周囲炎の予防は、とても大切ですね。
しかし、そのような治療へと移る前の、さらにその前の、健康な状態から予防をすることの方がより大切だと思います。第一次予防がいちばん大切だと思うのです。
 
第一次予防とは病気(虫歯や歯周病)にならないようにすることです。
第二次予防とは病気(虫歯や歯周病)が酷くならないようにすることです。早期発見、早期治療を心がけることなんですね。
第三次予防とは元の状態に戻れるように失った機能を回復させることです。
インプラントは第三次予防にあたります。

でもやっぱり健康な状態からの予防が大切だな~って、研修会にでる度に、ますますその思いを強くさせます。

APP会長は、ペリオ(歯周病)の専門医は、患者と長期的にかかわっていかなければならない。ともおっしゃっていましたよ。全くそのとおりです。
私はインプラントを入れている方もいない方も、歯周病の方もそうでない方も、今、担当させていただいている方々は、歯がある限り、私がこの仕事を続ける限りは診させていただきたいと思っています。どうぞよろしく wink

本当のPMTCをご覧ください。
ribbonコメントもいただけると大変嬉しく励みになります。
 

« 歯が1本になった患者さんは | トップページ | 親知らずの危うさにびっくり! »

ブラッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595419/58154988

この記事へのトラックバック一覧です: インプラントのメインテナンス:

« 歯が1本になった患者さんは | トップページ | 親知らずの危うさにびっくり! »

フォト

メニュー

関連ブログ

  • ↑応援クリックお願いします!
無料ブログはココログ