« サラサラ薬をチェック! | トップページ | 患者さまの声 »

2013年11月23日 (土)

歯周病の治療―歯周外科処置

Elly129074754_tp_v


歯周病の初期治療は、歯周検査、ブラッシング(正しい歯みがき)、スケーリング・ルートプレーニング(歯根周りのクリーニング)、再評価(再歯周検査)といった順で行います。

歯周病の治療をご覧ください。

再評価はスケーリング・ルートプレーニングSRPを行ってから約1ヵ月後に行います。

clubSRP時の出血を患者さんにどう説明するか?←SRPを行うにあたって気をつけたいこと。

この再評価の結果をもとに、歯周ポケットが改善されていない部分に対しての処置を考えるのです。

ここでの改善された状態とは歯周ポケットが3mm以下で検査時に出血と排膿がないことをいいます。

 

まず、歯周ポケットが改善されない原因はさまざまなものがあります。

○ブラッシングの不充分さ
○深いポケット(歯石の沈着)
○高度な骨吸収
○歯根面のカリエス(虫歯)
○歯根のひび、破切
○ブラキシズム(歯ぎしりやくいしばり)
○咬合性外傷(悪い噛み合わせによりおこる歯周組織の破壊)
○不適合なかぶせ物

などが挙げられます。これらの原因及び歯の状態に応じて処置を行うのです。

再ブラッシング指導。。。

磨けていないことで改善されないときはブラッシングの再指導を行います。

また、それに加えてプラークコントロールの重要性を充分に理解していただけなかった場合にも、再度その重要性を説明させていただいています。

再スケーリング・ルートプレーニング(SRP)。。。


初回のスケーリング・ルートプレーニングの時に、麻酔が効きづらかったり歯石の付着が多量だったなどの事情で再SRPが必要なことがあり、これを行うことによって改善が見込まれる場合は再SRPを行います。

歯周外科処置。。。

再SRPでは良くはならないなというときには外科処置をします。

歯周外科処置にはさまざまな方法がありますが、一番良く行われている方法を紹介します。

フラップオペレーション

深い歯周ポケット(主に5mm以上)がある場合、歯ぐきを切開して目視下で歯根面に付いた歯石などを取り除きます。

必要な場合は骨の形態修正なども行いますよ。
さらに+αとして再生療法を行うこともあります。

根分岐部病変の外科処置をご覧ください。

最後に歯ぐきを元に戻し縫合します。

これは初期治療のスケーリング・ルートプレーニングをより確実に行う方法なんです。

1

「歯ぐきを切って開いて」と聞くとなんだか怖い、痛そうと思われる患者さんがほとんどですね。しかし、ある程度進行してしまった中程度~重度(部分的重度)の歯周病を改善させるには有効な手段なので、先生ともよく相談されてフラップオペレーションをされると良いと思います。

経過観察。。。4mm以上の歯周ポケットが残ってしまった場合に、そのまま定期検診で様子を見ていくこともあります。

年齢や手の器用さ、全身疾患などを考慮します。

定期的に歯周ポケット内のクリーニングを行うことで歯周病の進行を防ぐのです。

歯周外科処置は中程度~重度の歯周病に対して、より確実な治療方法なのですが、どうしてもそんな手術は受けたくないという方もいらっしゃいます。

そのような方には2~3ヵ月ごとのメインテナンスで歯周ポケット内のクリーニングを行っています。

これは歯周ポケット内の細菌数を減らし炎症の軽減を図るものです。

このような処置では、例えば6mmのポケットが何年も6mmのままということもよくあります。

ただし、何もしなければ確実に6mmが7mm,8mmと深くなります。
さらに10mm以上になって抜歯となってしまうこともありますよ。

歯周ポケットは浅いにこしたことはありませんが、たとえ1~2ヶ所に5mm、6mmのポケットを有しても

出血や排膿(膿が出る)がなく、痛みも腫れもなく、物を噛むさいに不自由がなければ、上記のような2~3ヶ月ごとのクリーニングによるメインテナンスで様子を見るという方法もあるのです。

しかしながら、やっぱり歯周ポケットは深くしないのが何よりですよね! 

ribbonコメントもいただけると大変嬉しく励みになります。



 

« サラサラ薬をチェック! | トップページ | 患者さまの声 »

歯周病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595419/58631276

この記事へのトラックバック一覧です: 歯周病の治療―歯周外科処置:

« サラサラ薬をチェック! | トップページ | 患者さまの声 »

フォト

メニュー

関連ブログ

  • ↑応援クリックお願いします!
無料ブログはココログ