« 本当のPMTC | トップページ | サラサラ薬をチェック! »

2013年11月11日 (月)

オーバーブラッシング―大事なハミガキの力加減の話 その2

Womanbrushingherteeth

歯を磨く際、力を入れすぎてしまう方は大勢います。
とにかく硬めのハブラシを好み、歯に押し付けるようにしてゴシゴシと磨かれるんですね。

皆さん一様に「力を入れないと磨いた気がしない。」と言われます。
特にまじめで綺麗好きな方に多いように思われます。

そのような磨き方を続けていると歯肉退縮といって、歯ぐきが下がり歯根部分が出てきてしまうんです。

ハブラシ圧が強すぎると歯ぐきに傷を作り、出血したり痛みがでることもあります。

気づかぬうちに症状は進み、とても磨きづらい複雑な歯ぐき形態なってしまうんですね。

これを歯科ではオーバーブラッシングといいます。

201206_pict03 

↑歯ぐきがさがってしまい、歯根が出ている様子

 

歯ぐき歯を支える骨の関係は、解剖学的、生物学的に一定の距離を保ちます。
(生物学的幅径…Biologic width)

 

前歯―差し歯をご覧ください

 

歯ぐきが下がると、それに伴い歯を支える骨も下がってしまうことになります。


すなわち磨きすぎで歯ぐきが下がるのは、骨が下がることにつながるのですね。

歯を支える骨が下がるというのは歯周病の症状の一つですよ。

 

オーバーブラッシングで下がった場合、細菌感染は無いため歯みがきで血が出る、膿が出るなどの歯周病特有の不快な症状は起こりません。(傷での出血はあり、ピリッとした痛みなどはある。)

自分の奥歯を鏡でまじまじと見る人は少ないので、おもいきり歯ぐきが下がっているのも全く知らないでいるというケースがほとんどですね。

奥歯(大臼歯)では頬っぺた側の歯ぐきが5mm以上も下がり、歯根の股の部分が出てきてしまっている人も多くみかけます。

 

歯周病でもないのに根分岐部病変の状態を作ってしまっているのですね。

根分岐部病変の話をご覧ください。

 

 

一度下がってしまった歯ぐきは年数が経っていればもう元には戻らないので本当にもったいないことだと思います。

日本人は、特に女性は歯ぐきや顎の骨が薄い人が多いので、ハブラシ圧が強すぎると歯ぐきが退縮しやすいので注意していただきたいと思うのです。

根面被覆術といって外科手術により別の部位(主に上あご)の組織を摂って移植する方法もあるのですが、保険外治療であり、それなりに高度な治療なので費用もかかります。

 

骨が下がってしまった理由は、以前の歯周病の痕のこともあります。

歯ぎしりや食いしばり、咬合性外傷、オーバーブラッシングによるものが合わさってのことかもしれません。

歯周病の原因は大概1つではないので、これらが一緒になると骨吸収もより進んでいくと思われます。

歯肉退縮をもたらすオーバーブラッシングは、早めの歯ぐきのチェックとハブラシ圧の確認が必要です。

クリーニング希望で来院されるか、治療の際その前後に、歯ぐきの下がり具合をチェックしてもらい、ハブラシ圧も確認してもらうといいと思いますよ。

大事な、歯みがきの力加減の話 をご覧ください。

Cclibrary010009186thum

忙しい歯医者さんなどは、ただ「しっかり磨いてください。」などと言うだけの場合もあります。

しっかり強くと勘違いされて磨かれている方もいますので、指導する方も注意が必要ですね。歯科医が言う「しっかり」は、強くではなく丁寧にと言う意味なのです。

すでに歯ぐきが下がってしまった方は、ブラッシングの際はバス法などハブラシの毛先を
歯ぐきの方へ向けるのではなく、垂直に当てるスクラッビング法、又はローリング法、又は1歯づつの縦磨きなどで力加減はやさしくを心がけます。

歯間ブラシも速いスピードで動かすのでなく、ゆっくり丁寧に動かしてください。

01sishubyo02

 スクラッビング法       バス法           ローリング法

歯ぐきは下がってしまってからでは遅いので、健康な歯ぐきのうちに適度な力加減で磨くということを身につけておくのがなによりです。                

 

Dsc_000411 ←健康で綺麗な歯ぐき heart01

 

私がいつも患者さんにおすすめしている歯ブラシです。
毛が優しくて隙間にも奥歯にもとても使いやすくおすすめですよ。

メール便【送料無料】【色指定可】ルシェロ歯ブラシ P-20 S ピセラ 1本

価格:290円
(2014/3/2 21:06時点)
感想(10件)

ribbonコメントもいただけると大変嬉しく励みになります。

« 本当のPMTC | トップページ | サラサラ薬をチェック! »

ブラッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595419/58549704

この記事へのトラックバック一覧です: オーバーブラッシング―大事なハミガキの力加減の話 その2:

« 本当のPMTC | トップページ | サラサラ薬をチェック! »

フォト

メニュー

関連ブログ

  • ↑応援クリックお願いします!
無料ブログはココログ