« 歯周病は歯磨き粉では治らない | トップページ | 「検索フレーズランキング」より »

2013年12月23日 (月)

歯医者選びは難しい

先日、一人暮らしで生活保護を受けられている、76歳の女性のお口を拝見しました。

彼女は使っている入れ歯の調子が悪くて「新しい入れ歯を作りたい。」と来院されたんですね。

とりあえずほかの治療は希望されなかったのですが、先生から「歯ぐきのチェックをお願いします。」と頼まれました。

Grandmother_2

拝見しますと、上は総入れ歯で、下は部分入れ歯。前歯6本だけが残っていました。

歯ぐきは赤く腫れて、歯石も沢山ついている状態。

私は歯周ポケット検査とブラッシング指導を行いました。

前歯の裏側の歯ぐきがかなり下がっていて、歯ブラシを当てるのが大変な状態です。

歯の裏側に歯石が付いていて歯間ブラシが通らなかったので、歯石を取り歯間ブラシも使っていただくことにしました。

使うのは初めてということで、私の説明をとても熱心に聞かれていました。

ブラッシング指導の終わりごろに「今まで歯の磨き方なんて教えてもらったことなかったです。」とポツリとおっしゃったことが、とても印象に残っています。

その一言に私は、「いろいろな思いが詰まっているんだろうなぁ~」と感じずにはいられませんでした。

これまでに歯の治療のためにかかった時間と、費用と、失った歯のことを思うと何ともいえないせつない気持ちです。

これまでに何軒もの歯科医院を訪れたことでしょうが、そのどこかで、もし適切な歯周治療ブラッシング指導や生活指導等を受けられていたならば、もっとご自身の歯が残っていたことでしょう。

Il_8020logo_nitisi

8020という運動はご存知かもしれません。
80歳で20本を目指しましょうというものですね。

しかし、8007~8010(80歳で7~10本の歯が残っている)というのが現状なんです。

8020を達成している方は全体の20%程度とのことです。

私がメインテナンスをさせていただいている方の中には8028(全ての歯がある)を達成されている方も3~4人いらっしゃいますよ。

私は20代、30代遅くても40代からきちんとケアをしていけば、数本のトラブルは仕方ないとして026くらいでしたら不可能ではないと、本当にそう思うんです。


人気ブログランキングへ

« 歯周病は歯磨き粉では治らない | トップページ | 「検索フレーズランキング」より »

歯周病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595419/58802475

この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者選びは難しい:

« 歯周病は歯磨き粉では治らない | トップページ | 「検索フレーズランキング」より »

フォト

メニュー

関連ブログ

  • ↑応援クリックお願いします!
無料ブログはココログ