« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年6月の3件の記事

2014年6月20日 (金)

「下肢静脈瘤」 手術体験記②

Preventvaricoseveins

手術を終え、迎えに来てくれるはずの夫がなかなか来ません。

私は、「大崎のハートクリニックだよ」と告げていました。が、なんと、大崎には「ハートクリニック」が他にもあったんです! 携帯も自宅に忘れてきました。

紛らわしくも、南淵先生の「大崎病院ハートセンター」の 新聞記事も切り抜きテーブルに置いてありました。まったく、どこへ迎えに行けばよいやら

『ハート』=『心臓』=『循環器』の病院ってことなんですねー (゚ー゚;

駅をはさんで反対側の「大崎ハートクリニック」に行ってしまった夫は、夕方の渋滞時大変な思いをして迎えに来てくれました。ごめんなさい (^-^; 

麻酔が切れかかったころ少し痛みはありましたが、翌日からはなんとなく歩け、階段も上り下りでき、約2週間程で完全復活いたしました。

手術は受けて綺麗になって本当によかったです。

「弾性ストッキング」というかなりきつめのストッキングを2ヶ月程穿くことになるのですが、 初めは苦手だったそれが、慣れると心地よく結構気に入ってしまいました。

1足3000円~5000円とストッキングとしては高いのですが、丈夫で伝線しないのです。
穿くと足がキュッとして細く見え、気持ちいいんですよ。

「下肢静脈瘤」の予防にもなるようなので、気になる方は試してみてください。

下肢静脈瘤の原因は、遺伝や、立ち仕事、座りっぱなし 、あるいは老化現象だそうで…

私の場合は。。。ん~~老化現象かな~。(^-^;

また1ついい(?)経験をいたしました。   

 

 

 
 


人気ブログランキングへ

 

「下肢静脈瘤」 手術体験記①

Varicoseveinprevention

さて、手術当日。「大伏在静脈」のエンドレーザー手術開始です。

まず処置をする血管にマジックで印をつけます。
足を消毒し麻酔します。歯科で使う局所麻酔液と一緒でした。

この麻酔がいちばん痛かったです。静脈に沿って何ヶ所もうっていくんです。
血管をレーザーで焼くので、冷やした生理食塩水も同時に注入されました。


細いレーザーを太ももの付け根まで挿入し、 それを引き抜きながら静脈を焼いていきます。 痛みはありませんが、焼ける匂いがします。

ひざ付近の内ももで蛇行した静脈部分は、 レーザーが通らないので4ヶ所をメスで切開して、静脈を引っぱっては切り引っぱっては切りしていました。

「歯科衛生士さんだから傷口小さくしておくね~」とおっしゃりいつもより小さい傷で処置をしてくださいました。

約3ミリの傷口が4ヶ所、丁寧に縫合されて包帯を巻き、約3時間で全て終わりました。

ありがとうございました。m(_ _)m

術中、私はずっとその様子を見ていました。
先生も実況しながら手術をしてくれます。

お土産に切り取った静脈をいただいて帰りましたヨ。
夫と息子に見せようとしたら、いやがっていました。(笑)

先生は「僕も静脈瘤あるんだよね~手術しようかな~」っておっしゃってました。
とても気さくで手術も上手でいい先生でしたよ!

 

「下肢静脈瘤」手術体験記② へ                          

「下肢静脈瘤」発見!

Greenlaundry

「どうしたの~足、血管が盛り上がっているよ!」夫の驚く声がしました。「えっ何本当だ!何これ~

なんと右足ひざ内側の血管がボコボコ膨れているではありませんか!

すぐに調べてみると、この血管の膨れは、どうも「下肢静脈瘤」のようです。

さっそく何軒かの病院をリストアップし、口コミで良さそうなクリニック に行くことにしました。

診察していただくとやはり「下肢静脈瘤」とのことです。

でも先生は、「まだ手術をするほどでもない。もう少し様子を見てもいいのでは。」というので、とりあえずそのまま様子を見ることにいたしました。

その時の血管の膨れ部分は約10センチ程で、特に痛くも痒くもだるくもなかったので、先生がそういうのならと、気にせず一年が経ちました。

Photo

久しぶりに内ももを見ると、なんだか血管の腫れの範囲が広がってきたような。。。
さらに、色も悪く、紫色になってきたような気がしたのです。
「これ以上、この血管のボコボコとしたのが広がっていくのはイヤだ 

私はその日のうちに電話をして、数日後クリニックを訪れました。

先生は「ん~、そうだね。ちょっと大きくなったかな~。」「どうする?オペする?」と。

「はい、します! お願いします!」ということで、ようやく手術をする運びとなったのです。

下肢静脈瘤とは、下肢(ふくらはぎすね)に血管がボコボコ膨れていたり、
浮き出て見えるもので、血液の逆流を防ぐ弁が正しく閉じなくなり、
血液が逆流することによって起こる病気です。 

                                つづく

「下肢静脈瘤」手術体験記①

 

 

 

 

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

フォト

記事一覧

関連ブログ

無料ブログはココログ