« タフトブラシの使い方 | トップページ | 歯科衛生士向けおすすめ記事 »

2022年3月 9日 (水)

デンタルフロスで病気を防ごう!

FLOSS OR DIE― フロス・オア・ダイ

直訳すると「フロスをしますか、それとも死にますか」ですが、もう少しわかりやすくすると「フロスをしないで歯周病になって、それが原因で病気になり死んでもいいのですか?」ということなのです。フロス使いって、それだけ大事なことなんです、実は。

歯周病は今ではさまざまな全身の病気を引き起こすことがわかっています。

歯周病がリスクファクターになる主な全身疾患として、糖尿病、冠状動脈系心疾患、骨粗しょう症、低体重児出産などがあります。
口と全身、全てはつながっている

中でも、冠状動脈系心疾患の狭心症心筋梗塞は突然死を招くことから、アメリカ歯周病学会がこんなスローガンを発表し、歯周病予防への関心を高めてもらおうとしました。

健康でありたいのであれば、是非デンタルフロスを習慣にしましょう!

 

デンタルフロスの使い方

① まずフロスを30cm程の長さに切ります。
② フロスを両手の中指に巻きつけます。(右を多めに巻きつける)
③ 水平に前後に動かしながらゆっくり歯と歯の間に入れていきます。
④ 両隣りの歯ぐき(歯周ポケット)の中に1~2mm程入れて上下させます。その際、歯に巻きつけるようにするとなおいいですね。
⑤ そっと上に引き抜きます。

おすすめフロスはこちらに詳しく紹介しています!


【送料無料】 ジーシー GC ルシェロ フロス ミントワックス デンタルフロス 30m×6個 (5)

価格:1,840円
(2022/3/10 09:34時点)
感想(0件)

効果1:歯と歯のピタッとついているところの虫歯を予防します。
実際にはその少し下に虫歯ができます(隣接面カリエスとか、コンタクトカリエスといわれています。)

効果2:歯周ポケットに入れることで歯周病を予防します。歯周ポケット内にプラークをためないようにします。

 


歯ブラシだけでは全体の8割しか磨けません。残り2割をデンタルフロスできれいにしましょう。できれば毎日、少なくとも1〜2週間に1回はフロスを通しましょうね。


歯ブラシ使いだけでもむし歯や歯周病にならない人がいます。 そういう人は、唾液の性質がよく、歯並びが良く、食習慣が良く、健康管理に怠りなく、免疫力に優れた方だと思います。素晴らしいですがホントまれにです!

 


人気ブログランキング

« タフトブラシの使い方 | トップページ | 歯科衛生士向けおすすめ記事 »

3.歯磨き・ブラッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タフトブラシの使い方 | トップページ | 歯科衛生士向けおすすめ記事 »

フォト

記事一覧

関連ブログ

無料ブログはココログ