2017年3月25日 (土)

歯周病は大病のもと!

Hiro_jhrfe_tp_v

歯周病は現在では様々な疾患と関係があることが知られるようになりました。

今回は東京新聞に掲載されていた記事をご紹介させていただきます。


健康寿命は口内の健康状態に影響され、中でも歯を失う最大原因である歯周病は、様々な病気と深い関係があるとされている。

「米国では1990年代から歯周病が心臓病、糖尿病を悪化させ動脈硬化や早産の原因になるという研究が数多く報告され、1998年には口腔内を清潔にし歯周病予防をする啓蒙活動が行われました。」

キャンペーン標語は「フロス・オア・ダイ」。
「フロスで口腔ケアをして歯周病予防をしよう、しないで歯周病になれば病気で早死にしますよ」というような意味で、歯科医師や学会が率先して歯周病の怖さを訴えたという。

なんで日本はそれをしなかったんでしょうね?
FLOSS OR DIE― フロス オア ダイ

もっとずっと前からフロスの必要性を訴えていた先生もいたんですよ!
フロスの元祖、パームリー先生
バス法のバス先生

日本では一部の歯科医師の間で知られていたが、医療現場で認知され始めたのはここ数年のことだ。「日本でも全身疾患と歯周病の関係が、歯科だけでなく医科でも知られるようになりました。実際、心臓手術やがん治療の前に、虫歯や歯周病治療、口腔ケアをするよう医師に支持され受診する患者さんが増えてきました。」

私の母も人工膝関節置換術を受ける際に医師から言われましたよ。
人工膝関節手術と歯周病に書いていますので、ご覧ください。

抗がん剤治療では口内炎が起こりやすいが、事前に歯周病を治療し、プロによる口腔ケアで口内や舌を清掃すると、口内炎を減らし、起きても軽くて済むという。

糖尿病患者が歯周病治療をして血糖値が改善した報告例も多い。口の健康はさまざまな病気の治療成績を上げる可能性もある。
予備軍含め、成人の7~8割が罹患しているとされる歯周病の予防と治療が、健康への近道ともいえる。

2017.1.31 東京新聞 噛んで延ばそう健康寿命 より抜粋

臨床歯周病学会歯周病が全身に及ぼす影響もぜひご覧ください。

Pak88_ohanatoshirobak_tp_v_2

初期では自覚症状があまりないのも歯周病の特徴です。

歯周病が、命を脅かす心臓病や糖尿病につながるのならば、わたしたち歯科従事者は責任を持ってその予防・治療に取り組む必要がありますね。


人気ブログランキング

2017年1月 8日 (日)

人工膝関節手術と歯周病

Haha160306000i9a2079_tp_v1_2

昨年12月、母が左脚の人工膝関節置換術を受けました。

母は10年前から変形性膝関節症で左膝がX脚のため治療を受けていました。最近になって痛みが増し、もう手術をしたほうが良いということで、今回思い切っての手術となりました。

手術にあたっての医師からのお話で、これは伝えておかなくてはと思ったことがありました。事前の検査と術後3週間の入院を終え、ようやく落ち着いたのでここに書いてみようと思います。

“人工膝関節と歯周病との関係”についてです。

Img1                      イラスト:NPO法人高齢者運動器疾患研究所HPより

では、ここから執刀医の先生のお話をご紹介します。

「人工関節をやる場合、事前に必ず診させていただくのは、心臓です。

心臓については、今まで何でもないと思われていても "実は…"ということがよくあるんです。何か見つかったらそっちが優先になります。

はなぜかというと、栄養状況の問題に加え、歯周病がひどいと感染を起こす可能性が出てくるので、そのあたりをしっかり診させていただきたいんですね。

したがって循環器内科と歯科口腔外科は必須になります。」ふむふむ。

ここで母が、自身にインプラントを入れてあることや、娘が歯科衛生士であることなどを伝えると、

先生「歯周病が心臓疾患も引き起こしているということがわかってきたんですよね。」

私「はい、全身の疾患に関係していることがわかってきましたね。」

先生「いま話題となっているのが、人工関節と歯周病との関連です。人工関節にしてからある程度年数が経って、感染症が起きてしまう例があるんですよ。それは原因が今までよくわかっていなかってんですけど、ひとつの原因はそこ(=歯)なんですね!」

ということでした。

歯周病菌は巡り巡って膝関節にたどり着き、そこで感染を引き起こすのですね!

人工物周囲は血流がないので細菌に対する防御反応が働きにくい。抗生物質なども効かず、一度感染すると治りにくいのだそうです。

最悪、人工関節を入れ換える手術が必要になるケースもあるとのこと。

「歯周病は治療しよう!」ですね。
「歯周病は予防しよう!」ですけれど。wink

Ameshirorabe_tp_v_2


母の手術はというと、幸い心臓と歯科はクリアということで無事に手術をしていただけました。

手術が終わってのレントゲン写真では、X脚がきれいなまっすぐの脚になっていました。

手術後2~3日間はかなり痛かったようですが、4~5日経つと痛みもようやく落ち着いてきたとのことです。

お見舞いに来てくださる方が沢山いて、とても有難かったです。

病室では同じように膝関節の手術を受けた方達がいて、助け合ったり教え合ったりと有意義に過ごしていたようでした。

現在は自宅とリハビリ施設でのリハビリを頑張っています。

そのうち術前・術後の画像をUPしたいな~なんて考えております。


人気ブログランキングへ

2014年11月23日 (日)

ランダムバースト説

Life_is_random

Randomランダムは、でたらめ・規則性がないなどの意味です。

ランダムバーストとは無規則な歯周病の活動期(バースト)とでもいいましょうか。
歯科では「部位特異性」ともいわれ、この言葉が示す内容はとても幅広いのです!

歯周病は全ての歯が均等に悪化していくものではなく、部分的に重度になることが多いものです。

さらにその部位も左右どちらかの奥歯だけだったり、上下のかみ合う奥歯だったりします。前歯から始まることもあります。

1本の歯を見ても、全周にわたり歯周病が進んでいる場合や、一部分だけに深い歯周ポケットが存在する場合があります。

Pin_tooth4_2では「部位特異性」の原因にはどんなものがあるでしょうか?

1 外傷性咬合によるもの
2 歯周ー歯内病変が原因のもの
3 歯根破切によるもの
4 根分岐部病変によるもの
5 歯根の形態に問題があるもの
6 若年性歯周炎によるもの

などです。

1は、噛み合わせの不具合による歯周組織へのダメージです!歯ぎしりやくいしばりも同様です。

2は、歯周病と感染根管によるダブル攻撃ですね!これも歯周病の進行を早くします。高度な骨吸収を伴うことが多いものです。

3は、あごの骨に植わっている歯の部分(歯根)が、何らかの原因で折れてしまうことによります。

4は、根分岐部病変があると歯周病の進行は比較的早めとなってしまうことがよくあります。

5は、歯根の溝などに沿って細菌が入り、歯周組織の破壊が進むことがあるのです。

6の若年性歯周炎では、前歯や6番(第一大臼歯)が早期にダメージをうけています。

Gumdisease3_3

他にはこんな違いでも歯周病の進み具合に差が生じます。

例えば歯根に対して均等に骨が減っていくケース
→水平性骨吸収といいます。

周囲がすり鉢状又は一部分がくさび状に減っていくケース
→垂直性骨吸収といいます。

また、同じ深さの歯周ポケットでもその中の細菌の量や種類が異なるケース。

同様に同じ深さのポケットでも、歯ぐきが炎症を起こしているところといないところがあるケース。

Bleedinggums_2

さらにブラッシングによる影響も。。。

歯の表側は磨きやすいけど裏側は苦手だったり、左右でも得手、不得手がありますね。

というわけで、自分が苦手なところは何かしらのトラブルがあるものです。
そこを早めに見つけて意識的にブラッシングする

また歯周病が進んでしまった部位はその原因をみきわめ,早めに対処することが、進行を遅らせることにつながるのだと思います。

ランダムバースト説 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

前回のバースト説 とセットにして覚えていてくださいね!

 


人気ブログランキングへ

2014年10月26日 (日)

歯周病のバースト説

Ss67261

歯周病ってどんなふうに進んでいくかご存知ですか?

歯と歯茎の境目、歯周ポケットの深さは1~3ミリが正常な状態です。
歯を支える歯槽骨(あごの骨)も歯根を囲むように充分にあり、きちんと歯を支えているのが正常です。

それらがなぜ深くなったり、減ってしまったりするのかは、知っているようで知らない歯周病 で紹介させていただきました。
ではその進行具合、スピードはいったいどれくらいなのでしょうか?

毎日ごくごくちょっとづつ?
それとも一気にドカーンと進むのでしょうか?

「歯周病の進行は,比較的短期間の活動期(進行期)と長期間の非活動期(安定期・休止期)の繰り返しにより進行する」といわれています。

これがバースト説です。

 

バースト説は今では主流の説です。
ちなみに昔(20世紀前半)は加齢による老化で、徐々に進行していくという考えが一般的でした。

 

burst バーストには、爆発する・破裂する・突発するなどの意味があります。

どうも歯周病はだらだらと進んでいくのではなく、止まっては進み、進んでは止まりというふうに、静止期→活動期→静止期→活動期を繰り返すようですね。

私は患者さんにバースト説を紹介するときは、「歯周病は階段状に進んでいくんですよ。体調が悪くなったときなどにクッと悪化してしまうんですね。」とお話しています。

L_175_2  

活動期の特徴としては

1 プロービング時の出血

2 細菌叢の変化

3 付着レベル(AL)の喪失

4 著しい骨吸収

5 歯肉溝滲出液の成分の変化

などです。

少し説明をしますと。。。

1は、歯周ポケット内で細菌と血液成分が戦っている。→詳しくは歯を磨くと血が出る をご覧ください。

2は、Pg菌などが増殖している。→詳しくは唾液といっしょに歯周病菌を飲むとどうなる? を。

3は、付着上皮がはがされている。これが剥がされると歯を支える組織である歯根膜や骨部分へと破壊が進んでしまう。

4は、破骨細胞が骨を溶かしている。

5は、血液中の免疫成分が多く出ている。

これらは全て生体の防御反応なのです。

自覚症状としては歯ぐきからの出血、歯ぐきの腫れ、咬んだときの痛みや違和感を訴える方が多いように思います。

Stress

さて、では活動期は、いつどのようにしてやってくるのでしょうか?

それは身体の抵抗力が弱まったときといわれています

喫煙や飲食などの生活習慣の乱れや、過度のストレス(長時間労働や精神的ストレス)、
全身的な健康状態(糖尿病や心血管系の病気など)によって免疫反応が変化します。

歯周病は細菌感染症でもあるので、免疫力が下がると細菌と戦う力が低下し、感染症が進行してしまうのです。

また、歯ぎしりやくいしばりなどにより過大な咬合力が加わることで、咬合性外傷が生じ、歯周病が進行する場合もあります。

これなどもストレスが影響していることが多いものです。

体調が良くなり、生活習慣も改善されると、症状が治まってしまうことがあります。

「あれっ、あんなに痛かったのが、そうでもなくなってきたぞ!
歯医者は嫌いだし、まあ、もうちょっと様子をみるか・・・゚゚(´O`)°゚」と思ってしまいがちですね。

しかし、静止しているだけで治ったわけではないのです。

こんなことを繰り返すうちに、階段を一段づつ下へ降りていくことになります。

Wp_hamakua_02_1280_800

静止期(安定期)を長くするには、

まずは日頃のブラッシングを丁寧に行い、加えて3~4ヶ月に1度のメインテナンスを受けることです。

歯ぎしりやくいしばりの癖がある方はナイトガードを装着します。

全身の健康管理に留意し、生活環境を整える、といったことを心がけていただくのがベストな方法です!

そうはいってもなかなか思い通りにはいかないですよね。

大丈夫です!できる範囲でがんばりましょう♪ (o^-^o)

バースト説、いかがでしたか?バーストを起こさないように、平坦な安定した状態を長く保つようにしたいものです。

次回はさらにさらにランダムバースト説を紹介いたしますね!

 


  人気ブログランキングへ

2014年9月23日 (火)

唾液といっしょに歯周病菌を飲むとどうなる?!

Pg

歯周病の人は要注意!
口の中のどこかに歯周炎があると、P・g菌などの歯周病菌が常に存在することになります。

P・g菌は歯周ポケットの中や、唾液の中にいます。
mobaqそれを唾液と共に飲み込んでしまうとどうなるか。。。
≪深い歯周ポッケット内の細菌は、歯ぐきの粘膜(歯周ポケットの内壁)から毛細血管に入り込み、血流に乗ります。このことが、歯周病が全身の病気へとつながるとされてきたのです。≫

 

そして新たに、新潟大学の山崎和久教授のグループがこんな発表をされました。

歯周病菌を飲み込むと、さまざまな消化器系を通り、腸まで届くということがわかりました。
そうなると腸内細菌のバランスが崩れ、その結果、腸の透過性が亢進(物質の出入りがいつもより起きやすくなる)しそこから内毒素が入り込む。
腸からは栄養も吸収するけれど、毒素も取り込むんですね (ノ_-。)

そしてそれが血流に乗ってさまざまな臓器、例えば心臓・肝臓・すい臓・肺・血管壁などに、
わずかながら持続的な炎症を引き起こす。
1418751_orig

歯周病菌は胃に入り、胃酸で死なないのか!って
そうですね、胃酸では死なないんですね。
いかがですか?やっぱり歯周病は病気にならないためにも予防するのがいちばんですよね。
全身の病気の予防としては、食事や運動、ストレス、免疫力等、さまざまなことが注目されていますが、歯周病の全身に及ぼす影響も、もっと注目されるべきだと思います。

 

追記:さらにいろいろ調べてみるとに良さそうな情報もありましたよ!
広島大学・大学院生物圏科学研究科の動物資源化学研究室のHPにこんな研究がありました。
それによると、乳酸菌やポリフェノール類が腸管バリア保護作用や腸管免疫調節作用を持つことがわかってきた。(v^ー゜)

歯周病の心配がある人は、歯科でその治療を受けることはもちろんのこと、ヨーグルトやぬか漬け・キムチ・プルーン・ブルーベリー・リンゴ・ブドウなんかを積極的に摂るといいみたいですね。
Istock_photo_of_yogurt_and_fruit


人気ブログランキングへ

2014年8月31日 (日)

若年性歯周炎にストップをかける!後編

私が最初に勤めた歯科医院では、こんな方がいらっしゃいました。

20代後半のとても清楚な方で、全顎的に重度の歯周病で来院されました。

近くの歯医者に「全部抜いて、総入れ歯です。」と言われ、大変ショックを受け、いろいろ調べて他県からわざわざ来院されたのです。
この方は日々のブラッシングと数回の治療により、なんとか1本も抜かずに保存することができました。
→詳しくは歯科衛生士をご覧ください。

 

Bleedinggumsinpregnancy_thumb1_2

さらに4年程前にも「歯を磨くと血が出る」を主訴に、20代前半の綺麗な女性が来院されました。
いつも思うのですが、侵襲性歯周炎では、歯周ポケット検査時の出血が、ちょっと普通の人と違っていて、じんわりにじみ出る感じでなく、「たら~」という感じでかなり出血量が多いのです。
彼女は「母が40代で総入れ歯になりました。私もそうなるのではと怖くて怖くてすごく心配なんです。」とおっしゃっていました。

確かに、部分的に歯周病は進行していましたが、まだ1割程度で1本も抜いている歯はなく、「今から気をつければ大丈夫ですよ。入れ歯になんかなりませんよ。」というと、とてもホッとした様子をされていました。

実際、歯周病の初期治療 を終えると、歯周組織は健康な状態に改善しました。
(この方へは、スケーリング.ルートプレーニングと同時に、抗菌療法も併用しました。)

 

このように、早い時期に気がついて適切な処置を施せば、決して怖がることはありません。
治療は通常の歯周病の治療とほぼ一緒です。
付け加えるとすれば、特異的な菌に対して、抗菌療法を行うことです。

Azithromycin_250mg_1_3

抗菌療法とはアジスロマイシン(商品名ジスロマック)などの抗生物質を服用する。(1日1回、3日間服用)というものです。
ただし、抗菌剤が有効だからといってむやみに用いるのは危険です。
耐性菌を作り出すことにつながるからです。

初期治療のみで歯周病が改善された方には、抗菌剤は必要ありません。

しかし、通常の歯周炎と違い、侵襲性歯周炎では歯周ポケット内だけでなく歯肉の中の方にまで細菌が侵入してしまっているために抗菌剤が必要になってくるのです。
(ただし、この抗菌療法だけでは一旦は良くなったようにみえますが、完治することはありません。念のため。)

インターネットで調べると、ジスロマックやそのジェネリックでAzee(アジー)という商品が誰でも簡単に買えてしまいます。
歯周病に悩む方も、一旦は症状が良くなるので気軽に服用しているようなのです。

しかし、根本の原因を除去していなく、対処療法でしかありません。
抗生物質をそのように多用することは本当に危険なことなので、やめてもらいたいと願っています。
913124_3

ちなみに、侵襲性歯周炎についてもっと詳しく調べたい方は、
日本歯周病学会 侵襲性歯周炎 というワードで検索し
優秀臨床ポスター賞/日本歯周病学会 をクリックするといろいろな症例を見ることができますよ。
ちょっと専門用語ばかりで読みづらいかもしれませんが、写真と表だけでも見てみてください。

 

初診時メインテナンス時の歯周ポケット検査表が必ずあるんです。
それを見ると改善されている様子がわかると思います。

上の表にあって、下の表にない部分は歯を抜いたところです。
(骨吸収が高度で抜かざるをえない歯は、抜歯することになります。)

歯周ポッケットの数字が小さいと改善された状態です。
1・2・3という数字が多ければvery goodsign01

お近くの良いドクターが見つかるかもしれませんlovely

歯が全てグラグラでどうしようもない。という人以外は、「全て抜いて総入れ歯ですね。」なんて言う歯医者には絶対に通い続けてはいけません。

「もしかしたら何本かは抜かないといけないかもしれませんが、なるべく抜かないようにお互い頑張りましょう。」と言ってくれる歯医者さんを探してくださいね。
早めに受診し、進行させないようにするのが何よりですよ。scissors

前編を読む

 

人気ブログランキングへ

そういえば、最近こんなサイトを見つけました。
病院の口コミサイト 
評判の良い病院探しに見てみて下さい。 


サンポート歯科 さんのような良い口コミはとても嬉しいですね。
いい先生、親切なスタッフのもと治療を受けたいものですね。

若年性歯周炎にストップをかける!前編

3c782b45

若年性歯周炎は、正式には侵襲性歯周炎といいます。
10代、20代の若い年齢で発症する歯周病です。
通常、歯周病が重症になるのは、ある程度年齢がいってから(30代後半以降)なのですが、若年性歯周炎は若いうちから歯周炎になり、一旦発症すると急速に進行していくのが特徴です。
歯周ポケット内の細菌を検査すると、歯周病菌の中でもA.a菌(アクチノバシラス.アクチノマイセテムコミタンス)や、P.g菌(ポルフィロモナス.ジンジバリス)が比較的多く存在します。
罹患率は0.05~0.1%とされています。

 

前歯第一大臼歯に限局的に著しい骨吸収がみられることがあります。(限局的侵襲性歯周炎)

 

実はこれ何で前歯と第一大臼歯なんだろう?とずっと思ってたんですよね~(゚ー゚;
今から4~5年前の臨床歯周病学会の講演会でその謎が解けました。
歯周病治療の権威で著名な、二階堂雅彦先生の講演で教えていただきました。
「なんで第一大臼歯と前歯かわかりますか?」
「それはね~、最初に生えた永久歯だからですよ!」
。。。なんだ、そうだったのかー。そんな単純な理由だったんだ!(・oノ)ノ
さらに調べると、こんなこともわかりました。

永久歯で最初に萌出するのは前歯と第一大臼歯ですが、これらの歯が生えるころは、まだ人体にA.a菌に対する抗体の量が十分でないために、周囲組織はたやすく破壊されてしまう。
しかし、他の歯が生えるころには抗体の量も増え、罹患を免れる。ということなのです。
Denture1630x420_2
侵襲性歯周炎は、
家族の中に同じような症状で過去に歯を失った人がいる。
両親どちらかが早い時期に総義歯(そうぎし)になっているなど、遺伝的素因がみられます。
さらに、広汎型(こうはんがた)侵襲性歯周炎といい、
これは第一大臼歯や前歯以外でも骨吸収が進行し、歯周病が広い範囲にわたっている状態をいいます。(3割を超えると広汎型といわれます。)

私が約20年前に勤めていた歯科医院に、30代前半の美しい女性が来院されていました。
しかし、彼女は歯が1本も無く、上下とも総義歯(入れ歯)でした。
全身的にはとても健康で、特別これといった既往歴もありません。
義歯の調整に度々来院されていました。

虫歯で歯を抜くにしても数本なので、このように全ての歯を失う原因は、重度の歯周病と思われます。

後編につづく

人気ブログランキングへ

2014年5月27日 (火)

コルってなあに?

歯と歯が隣合わせになっているところの歯ぐきのかたち。

実は、そこは、たるんだテントの屋根に似ているんです。
Ldent8_2
鞍状形(あんじょうけい)をしたその部分を専門用語では
「コル」といいます。
上のイラストColと書かれた部分

コルの歯ぐきは付着上皮であり、非角化といわれています。
※非角化とは角化されていない粘膜のことで、この部分は感染に弱いのです。

歯を支える周りの歯ぐきには、通常「角化歯肉」と呼ばれるコラーゲン繊維に富んだ硬くて丈夫な部分があります。(お口を「イ―」とすると見える部分です。
歯周ポケットの内側も非角化粘膜です。

奥歯は前歯と比べて幅があるので、コルは長くなります。
歯ブラシで表から、また裏から磨いても、この部分までは届かないんですね。
さらにそこに感染に弱い部分があったなんて!
 
「コル」を綺麗にするには、やはりそこに届く道具を使ってクリーニングする必要があるんですね。
歯科衛生士さんに「ちゃんと歯間ブラシを使ってくださいね。」って言われても、そういった理由がわからないと「え~、べつにいいじゃん、めんどくさいし。。。」ということになりますね。
このコル。。。歯と歯の間の歯ぐきで凹へこんでて、細菌がつくと感染しやすい!
歯間ブラシやデンタルフロスを使いたくなってきましたかconfident
こんなことも歯を磨く気持ちとして、知っているのと知らないのとでは、またちょっと差がでるのではないでしょうか?   
 


人気ブログランキングへ

 

2014年5月10日 (土)

ルートトランクってなあに?

大臼歯は歯根(ルート=根)が2根あるいは3根あります。
(その分岐した股の部分を根分岐部という。)

トランクは幹・胴体・主要部分という意味で、ルートトランクとは歯根の胴体のことで
つまり、股から上の部分をさします。

0540445_2左模型の歯冠白い部分がエナメル質 Enamel
ベージュ歯根の部分がセメント質 Cementum
接合点 Junction 
CEJ=セメント・エナメルジャンクション。
セメント・エナメル境ともいいます。

ルートトランクは正確にいうとエナメル質とセメント質の境目、CEJから分岐部までの部分です。

ルートトランクが短いか、長いかで、根分岐部病変になりやすいか、なりにくいかが分かれるんです。

また、根分岐部病変になってしまったときに、対処しやすいかどうかも分かれるんですよ。

027_3

では、まずルートトランクが短い場合はどうでしょうか?
よくいえば足が長いスタイルがいい歯ですね。(上のイラストでは右のタイプです。)

歯周病でなければ、特に問題はないのですが、いったん歯周病で歯槽骨(歯根の周りのあごの骨)が吸収すると、根分岐部病変になりやすいのです。
例えば、3mmの歯周ポケットでも、ルートトランクが短いと、早い段階で根分岐部まで炎症が及んでしまうということなんです。

ただし、歯周外科処置(歯根切除トンネリングなど)を施すのには、ルートトランクが短いほうが行いやすいともいえるのですが。。。
また、場所的に歯間ブラシなどでセルフクリーニングがしやすいというメリットもあります。
ただ、歯周病でなくても、この分岐部近くに虫歯ができてしまい、分岐部病変に移行してしまう。。。なんてケースもあるんですよ。

027_5

さて、ルートトランクが長い場合はどうでしょうか?(上のイラストでは左のタイプです。)
歯周病で歯槽骨が吸収しても、根分岐部が露出しづらい。
よって、根分岐部病変の発症は遅い。ということになるんですね。

しかし、いったん発症すると、外科処置等もしづらく、歯槽骨もすでにかなり下がってしまっているので、そうなった場合の予後は悪いといわれています。
抜歯となるケースが多いということですね。

ルートトランクの平均長は、上の奥歯では約4~6mm、下の奥歯では3~5mmとされています。

奥歯のルートトランクは、レントゲン写真を見ると分岐部の位置で、だいたいの予測がつきますのでチェックしてみてください。

また、歯周病で、すでに歯ぐきが下がっている方は、鏡で直接見ることができるかもしれませんので確認してみてくださいね。

こんなことも、歯を守るポイントとして、知っているのと知らないのとではまたちょっと差が出るのではないでしょうか?
 

人気ブログランキングへ

2014年4月18日 (金)

歯周病をでストップさせる6つのコト

Biddyhedgehog16_2

歯があれば誰の身にも発症する歯周病。

知らないだけで、もうすでにはじまっているかもしれない歯周病。

もうすでに患っている人も、まだこれからの人も、のちのち後悔しないために6つのコトをはじめましょう。

1 正しい歯みがきをすること

これは基本中の基本ですね。

今日から鏡を見てすみずみまで歯を磨いてみましょう。

歯間ブラシを使ったことのない方は、まず細めの歯間ブラシを買ってきて、奥歯の歯と歯の間にそっと入れてみてください。

詳しくは 正しい歯の磨き方 NO.1

              正しい歯の磨き方 NO.2 をごらんください。

2 歯ぐきの中に入っている、歯の根の表面についた歯石をとること

歯ぐきの中についている歯石なんて自分では見えませんし、わかりませんね。

歯科医院へ行って歯ぐきの中の歯石をとってもらってください。

この場合、きちんと歯周ポケットの検査をしてくれるかも聞いてくださいね。

歯周ポケット検査をしてくれないところですと、歯の表面についている歯石しか取ってもらえませんので。必ずそこは確認してくださいね。

 

詳しくは 歯周病の治療 をごらんください。

3 根分岐部病変とは何かを知ること

もし、歯周ポケット検査によって根分岐部病変が見つかったならば、適切な処置を施してもらいましょう。

奥歯は物を噛むのに欠かせないものですよね。

その大切さがわかるのは、失った時といわれています。

詳しくは 奥歯のだいじな話

      根分岐部病変の話

      根分岐部病変―感染根管

      根分岐部病変―外科処置のいろいろをごらんください。

4 オーバーブラッシングに気をつけること

歯は力いっぱい磨けばいいというものではありません。

誤った方法を続けていると、とんでもないことになってしまうんですよ。

詳しくは オーバーブラッシング をごらんください。

5 生活改善をすること

食生活に乱れはありませんか 睡眠時間は足りていますか

肉体的・精神的ストレスがたまっていませんか

それらも歯周病にとっては大敵なんです。

そうはいってもなかなか思うようにいかないことは多いですよね。

しかし、長い目で見ると、それは歯だけではなく、全身にも影響していくことなのです。

まずは改善できることから、はじめてみてくださいね。

詳しくは 知っているようで、知らない歯周病口と全身、全てはつながっている をごらんください。

6 定期的に専門の歯科衛生士のクリーニングを受けること

まずの歯ぐきの中に入っている歯の根の表面についた歯石をとることは大切なことです。

しかし、これは1回きりでおしまいというのではありません。

一度深くなってしまった歯周ポケットは、いったん良くなっても、元の状態に戻ってしまうことが多いものなんですよ。

歯石を取ってから、30日後にもう一度チェックを受けらけてくださいね。

その後は、3ヶ月とか半年に1回はメインテナンスを受けられるとよいでしょう。

詳しくは 歯周病の治療本当のPMTC をごらんください。


人気ブログランキングへ

フォト

メニュー

関連ブログ

  • ↑応援クリックお願いします!
無料ブログはココログ