2017年7月10日 (月)

日本臨床歯周病学会・第35回年次大会に行ってきました。後編

N695_rainbowbirijjitoaozora_tp_v1

お二人目は
村上伸也先生(天野先生と同じ大阪大学大学院歯学研究科の教授です。
テーマは「歯周病が治る」って、どういう意味? —「治る」と「再生する」を再考しよう—
Fullsizerender_9
歯周病患者に対する治療結果の永続性をめざして
松井 徳雄先生(関西支部)
歯周病治療歯とインプラントの共存を考える
谷口 宏太先生(九州支部)
インプラントを有効に活用するために
石川 知弘先生(関東支部)
3名の歯科医師のご講話を拝聴いたしました。
谷口先生のお話の中で印象的だったのは、来院理由に「GTR法をしてほしい。」という患者さんがいたというお話です。
この方は重度の歯周病をなんとか治したくて、熱心に調べ、この再生療法ができる先生から治療を受けたいというものでした。
歯周基本治療と再生療法の成功で、重度の歯周病が見事に改善し、その状態を何年も保たれているという症例を紹介してくださいました。
「治したい」という強い気持ちがある方は、良い先生に巡り合うことで、進行した歯周病でも改善していくことがあるのです!
今回の年次大会に参加し、また更に得るものがありました。
新しい歯周組織再生材「リグロス」の可能性、歯周病の病因論から見た適切な対処方法、高齢化社会に向けての私たち歯科従事者の役割、等々。
学んだ知識をまた臨床で役立たせていきたいと思います。
Neobk2081044
会場で紹介していた本を早速購入、勉強中です!


人気ブログランキング

日本臨床歯周病学会・第35回年次大会に行ってきました。前編

Main

今回の年次大会のメインテーマは「歯周病患者におけるインプラント治療」。会場は、はるばる大阪です。朝4時起きして羽田から伊丹空港へ。空港からリムジンで大阪駅へ、そこからタクシーで大阪国際会議場へと向かいました。


まずは認定歯科衛生士対象の講演会場へ。「歯周治療に求められるX線写真の読み方」をテーマに講演がありました。

歯周病の診断・治療においては、口腔内診査とともにレントゲン写真での診断もとても重要です。歯根部や歯槽骨の状態をできるだけ正しく読み取る必要があります。

インプラント周囲炎による骨吸収の画像についても知っておかなくてはなりません。
歯周病認定歯科衛生士として、よりハイレベルな画像の読影を教えていただきました。



続いては歯科衛生士教育講演です。全国各地から900名の臨床歯周病学会の歯科衛生士が集まりました。
お一人目は天野 敦雄先生。大阪大学大学院歯学研究科の教授です
さすが大阪の先生。とても楽しく、ためになるご講話でした。


テーマは病原性の高いプラークと低いプラーク

病原性の高いプラークは少ない量でも炎症を起こす。一方、低病原性のプラークは量が多くても深刻な問題を起こさない。

その例としてこんなユニークなお話がありました。
頭がかゆいと元皮膚科の美容院へ行くと「よく洗いなさい。」とクリームをくれておしまいなのに、元歯医者の美容院へ行くと、しつこく洗う練習をさせられる。
角度は45゜、染め出してまで洗えていない所をチェックする…。
思わず笑ってしまいました。おっしゃる通りで、私たちはプラークというと目の敵にして、100%磨きを目指し、患者さんにもそれを要求してしまいますが、何の問題も起こさない部分のプラークについてはそれほど目くじら立てなくても良いのです。

ここからが大切…。病原性の高いプラークについてのお話です。

ヒトの口腔内には600種類の細菌が生息すると言われている。しかし、600種類全ての菌が一人の口腔内にいるわけではない。26菌種しかいない人もいれば、200種類以上の細菌を住まわせている人もいる。

細菌の種類が増えるにしたがって病原性も高まるのだそうです。200種類以上の細菌を保持している人は、重度の歯周病になりやすいということ。そして、驚くことにその細菌叢は18~20歳ごろに完成するということでした。

成人してから歯周病で苦労しないためには、10代からの適切なプラークコントロールが大切なのだと再認識させていただきました


天野 敦雄『21世紀のペリオドントロジー』YouTubeに先生のお話があります。

後編につづく


人気ブログランキング

2017年4月29日 (土)

認定歯科衛生士限定プレミアムセミナー2017に行ってまいりました

Ssk_sakihajimetasakura_tp_v1_5


テーマは「認定歯科衛生士として知っておきたい歯周外科

 

2017年3月26日(日) 10:00~17:00  於:東京医科歯科大学

「歯周治療において歯科衛生士の行う歯周基本治療は治療結果へ大きく影響します。また、歯周外科処置を効果的に取り入れることで、その結果をより長期的にに安定した歯周組織へと導くことも可能です。今回のプレミアムセミナーでは歯周外科処置への理解を深め、歯科衛生士としてどのように外科処置と関わることが必要か皆さんと学びたいと思います。」ということで一年ぶりのプレミアムセミナーに行ってまいりました。

Photo

 ↑日本臨床歯周病学会 関東支部 Facebookより


演者は臨床歯周病学会認定医で関東支部長の飯野文彦先生、口腔外科のスペシャリスト辻光弘先生、臨床歯周病学会 認定歯科衛生士の小林明子先生です。(写真手前の御三方)

講演① 飯野先生のお話です。

「歯周病治療に最も効果的な治療法はプラークコントロールであり、その実践がない歯周病治療は効果が得られないのが現実です。」

「しかし、セルフコントロールが確立されればすべての歯周炎が改善するというわけではなく、付着の喪失が進行した歯周炎はさらなる改善が求められ、そのオプションのひとつに歯周外科治療があります。」

飯野先生の日常臨床における歯周外科治療の頻度は決して高いとはいえず、歯周病治療の9割は歯周基本治療であるとのことです。

「しかしながら歯周外科処置が歯周病治療に与える恩恵は大きく、取り入れたことによってより理想的な歯周組織環境の獲得と治癒の速さに貢献している事実があります。」

ということで歯周再生療法を主にいろいろな症例をご提示くださいました。

講演② 辻 光弘先生のお話です。

「歯科と全身疾患の関係がクローズアップされる中、歯や口の中だけ診ている時代は終わりを告げ、医療従事者として全身をみることが当たり前の時代に入ってきつつあることは避けようのない現実であります。」

「本講演では指導的立場にある認定歯科衛生士の皆に、口腔を診る前に全身疾患を理解することの重要性、日常臨床で役に立つ知識をできるだけ多くお話したいと考えています。」

辻先生からはBLS(Basic Life Support)一次救命処置の資格を取ることを勧められました。

その他、読んでおいたほうがいい本として「ハリソン内科学」、「歯周病と全身疾患」、「歯科衛生士のための病気とくすりパーフェクトガイド」、「歯科衛生士のための全身疾患ハンドブック」などを教えていただきました。

ハリソン内科学 第4版

歯周病と全身疾患―最新エビデンスに基づくコンセンサス

安心・安全な臨床に活かす!歯科衛生士のための病気とくすりパーフェクトガイド

月刊「デンタルハイジーン」別冊 診療室・多職種協働の現場で活きる! 歯科衛生士のための全身疾患ハンドブック

また、見ておくべき学会のホームページとして、日本高血圧学会日本口腔外科学会 なども教えていただきました。

後半は、認定歯科衛生士として知っておきたい歯周外科というテーマに沿った内容で症例を供覧しながらお話をしてくださいました。

講演③ 小林明子先生のお話です。

「歯周外科後の予後安定は歯科衛生士の働きが大きく左右することになるため、歯科衛生士が外科的治療を理解し、治療計画に介入することは大いに意味のあることだと思います。」

小林先生の診療所では歯周治療計画立案時に、歯科医師とともに率直な意見を出し合いながらカンファレンスを行っているとのことです。

「歯周治療はその予後管理とともに担当は長期間に及びます。私達も年を重ね様々な生活環境の変化を経験しますが、患者さんもライフバランスバックグラウンドの変容、健康の変化が現れます。歯周病認定を持つ歯科衛生士は、あらゆる年代、あらゆる事項に関して常に関心を持ち、勉強し続けていく姿勢を持っていてほしいと思います。

歯科衛生士って素晴らしい職業ですね~とおっしゃっていました。

 

勉強することがたくさんあって大変ですが、少しづつ学んで行きたいと考えております。


人気ブログランキング

2016年8月 9日 (火)

日本臨床歯周病学会年次大会に行ってまいりました

Ymd96_bakansuokinawa20120729_tp_v


今回はプレミアムセミナーにも一緒に参加した同僚のユミさんに、特別に記事を書いていただきました。衛生士歴22年のとても優秀な歯科衛生士さんです。
*************************

猛暑が続きますね。皆さまいかがお過ごしでしょうか?
Yumiさんの後輩同僚の私もユミと申します。
先月、7月8日~10日に福岡で行われた、日本臨床歯周病学会年次大会に行ってまいりました。いろいろな先生方のお話を聞けて大変貴重な時間となりました。そのお話を書いてみたいと思います。
 
9日午前中は10人の歯科衛生士さんによる、ケースプレゼンテーション。
午後は、テーブルクリニックで同時間に講師の先生が講演されていて(はっきり言ってこのタイプの学会講演はいつも何にしようか悩みます。)江澤 庸博先生を選ばせて頂き、『ハイエンドな歯周治療が行えるための必要条件とその教育』。
その後、認定衛生士教育講演では、インプラント治療における歯周治療の重要性、歯科衛生士の役割について。

Img_1967_2

10日は、『基本手技から見直そう!』という題材で、鈴川 雅彦先生、瀧野 裕行先生、白石 和仁先生による講演を聞けました。
始めのケースプレゼンテーションで心に残った言葉は、若い世代から、歯周病治療は必要とのことで、女性は妊娠すると、知覚過敏、出血、口臭、Perico(智歯=親知らず周囲炎)等の症状に陥る事があるので、そのような症状に陥らないよう、提唱しましょうとの事です。
ちなみに、早産や低体重出産も、妊娠中期に歯周治療をしても遅いとのことです。
又、成人気管支喘息有する患者で、季節の変わり目に症状がおきてきたのが、歯周病重度の2本の抜歯と4ブロックに分けてSRPの治療予定の、2ブロックしてから喘息がおさまってきた症例。
Ca拮抗剤の血圧降下剤服用歯肉増殖症患者で、プラークコントロールの指導を徹底的に3か月行ってからSRPを行い、α遮断薬に変更しなくても歯肉の状態が改善された症例等でした。
次に、私が尊敬致します江澤先生の話では、全思春期歯肉炎9~12歳の歯肉の炎症のある場合は、侵襲性歯周炎に移行する場合があるので気を付ける事や、歯周病治療を医院内で出来る環境について(器具、機材について)
又、バス法の患者への動かし方の指導は、歯周ポケットに差し込んで丸く動かすようにすると、大きな横磨きにならないことや、歯科衛生士の指導の立場になった時のプロの育て方、理想的な歯科衛生士とは?等お話を聞くことが出来ました。
因みに、江澤先生が考える理想的な歯科衛生士は、“人としての優しさを持っていて、診療介助者としてのベースがある歯科衛生士”です。

Img_1969

次に認定歯科衛生士講演で、興味深かったのは、鈴木 秀典先生による次のようなお話です。
インプラント部のプラークに対して、補助清掃器具のうち除去効果が大きいものはどれか?という研究をしたそうです。
患者自身が、①フロス②特殊フロス③タフト型ブラシ④歯間ブラシで行った結果は、フロスが一番。
今度は歯科衛生士が①フロス②タフト型ブラシ③歯ブラシ④歯間ブラシで行うと、歯ブラシが一番との事で、
患者の家庭療法における鈴木先生のおすすめは、フロスと歯ブラシだということです。
 
そして最後の講演は、再生療法のお話に加えて、歯周治療の医院でのカギは基本手技だけでなくお互いの専門性を尊重しあう事で、それが成功につながり患者さんにも伝わっていくとの事でした。
 
この2日間内容の濃い学会でした。また、この知識を医院で共有したいと思います。
 
*************************
ユミさん今回はお疲れ様でした&ご報告有難うございました! yumiheart 
 



人気ブログランキングへ

 

2016年4月21日 (木)

歯科衛生士プレミアムセミナーに行ってきました

Ssk_sakihajimetasakura_tp_v_2

cherryblossomいつもなら桜が満開の3月27日、今年は例年より肌寒く、桜はまだ3分咲き。
お花見より勉強日和の日曜日となりました。

この日は全国から約100名ほどの歯周病認定歯科衛生士が参集しました。

日本臨床歯周病学会 歯科衛生士プレミアムセミナー
(2016.3.27 於:荒川区 太陽歯科衛生士専門学校) 

今回は東京歯科大学名誉教授の下野正基先生と、東京都で開業されている鷹岡竜一先生のご講話です。

テーマは《見えないものを見よう!Part1》

まずは下野正基先生、病理学で著名な先生です。

題名は『上皮性付着について』

2156_2

歯周治療をするにあたり、眼で見えているものばかりでなく、直接見えない部分の状態を正しい知識として習得し、それを臨床でどのように活かしていくべきかをお話してくださいました。

下野先生は「歯肉に関しては歯科衛生士が一番良く知っている、プロ中のプロです。」とおっしゃいました。

先生の講和を拝聴するのはこれで2回目です。(素敵な先生たち Part2)←こちら

                                 F047501

内容は長い付着上皮による上皮性付着のお話で、

歯周組織に外科的侵襲を与えた後の再生について

細胞レベルでの接着機構について

ルートプレーニングはどこまでやればいいのか

クリーピングはどのように起こるのか

などなど今回も大変興味深いお話ばかりでした。

_rtm8851_tp_v


お二人目は鷹岡竜一先生。東京都で開業をされている先生です。

題は『X線から読む未来への手がかり』

患者さんは未来が知りたい!

レントゲン写真を見て、歯周ポケット検査をし、口の中の歯垢を見て、

私たちは「歯磨きをしないからこうなってしまったんですよ。」「骨がなくなっているのでグラグラしているんですよ。」と患者さんの過去と現在を流暢に語りますが、実は患者さんは未来に興味があるということなのです。

「治るのか?治るのにどのくらいかかるのか?」という問いかけに答えなければなりません。

そのために必要なことのあれこれをご教示くださいました。

Img_1503_2

午前の部が終わりランチタイム。

会場で知り合った衛生士さん3人と同僚の衛生士との5人でお昼をいただきながら、歯科衛生士話に花を咲かせました。

 

cherryblossom

午後は臨床の立場から研究者に質問をするというテーマで、
鷹岡先生が日頃疑問に感じていることの下野先生への質問です。

それは私たち歯科衛生士も考えていることであります。

例えばmobaq歯槽骨梁の不透過性の亢進はなぜおこるのでしょうか?

治療によって不透過性が改善してくるのは何が起こっているのでしょうか?

上皮性付着の強さは歯の解剖学的な違いで異なるのでしょうか?

根分岐部病変は有髄歯のほうが予後がいいのでしょうか?

エンド・ペリオ病変の急性炎症時に、X線像では骨の気質がとんで写らないのはなぜでしょうか?

汚染セメント質を臨床的に見分けることは可能か?

根面はどこまで滑沢にすべきでしょうか?

などなどとても興味深く拝聴いたしました。

学んだことをまた日々の臨床に役立たせていただきます。

下野先生、鷹岡先生真にありがとうございました。


人気ブログランキングへ


歯・口・喉の病気

2015年7月10日 (金)

歯科医師・歯科衛生士合同セミナー☆ 歯周ポケット6mm以上の歯周病を基本治療で治す。

Hitotsubashi_photo

第2部は臨床歯周病学会元理事長の谷口威夫先生のご講話です。

20150517_02_2これまでの谷口先生の歯周病治療に対するさまざまな思いや、行ってきた臨床を、時代を追ってお話ししてくださいました。

先生はこれまで外科処置をなるべく行わず、優しい治療を心がけてこられました。その中で、さまざまな悩みや葛藤がおありだったそうです。

 

現在、再生療法が花盛りですが、そうしなければならないのは歯周治療のほんの一部で、6mm程度の歯周ポケットであれば、歯周外科をしなくても歯周基本治療で、ほとんどSPT可能になります。

また、7mm以上であっても単根歯であれば、ほとんどは歯周基本治療で長期にわたって歯を保存することができます。

谷口先生はずっとそのようにされてきたのだそうです。

そのことが患者さんの信用を得て、地域の方々の信頼に結びついたことは大きな財産だと思うとおっしゃっていました。

 

患者さんに対する真摯な対応の仕方を伝えてくださり、また、さまざまな症例の診かた、注意点、手技、練習法、評価の仕方を具体的にお話ししてくださいました。

全てにおいて患者さんに対する愛情、人に対する優しさを感じさせてくれる内容でした。

こんな人間味のある温かい気持ちを持った先生に診てもらえる患者さんは、とても幸せだなと思いました。confident
Illust715

お話の中で、日本の歯科医療の問題点も指摘されました。

① 根尖性歯周炎 ⇒ 根治 ⇒ 歯冠修復
② 辺縁性歯周炎 ⇒ 歯周治療 ⇒ 歯冠修復

(①は、根管の病巣が原因で歯周炎になっていたら、根の治療を行い、かぶせ物の治療をするということ。
②は、歯周ポケットの病巣が原因で歯周炎になっていたら、歯周治療を行い、かぶせ物の治療をするということ。)

歯科医師として①と②を両方きちんと行うのは当たり前のことです。
でも、①は行うのに、②は行わない。そんな歯医者がとても多いのです。

ぺリオに興味のないドクターです。(私に言わせれば不誠実なドクターです。angry
先生はこのような現状をとても憂いていらっしゃいました。

Educationteachingstationerypencilsd
しかしながら歯周基本治療での問題点もあります。

歯周基本治療で治りにくいものとして、咬合性外傷と根分岐部病変の問題があります。
この二つがあると一筋縄ではいきません。

でも、そのお話の中で一つ朗報がありました。

それは。。。『根分岐部病変があっても、定期健診とブラキシズムのコントロールがあれば、90%は20年もたせることができる。』 というものでした。

これを聞いて※SPT(定期健診)の大切さを改めて再認識いたしました。

(確かに私のメインテナンス中の患者さんでも、根分岐部病変Ⅱ度あり、歯周ポケットは7mmで何年も変化なしの方が何人かいます。歯周外科などしたくないという方は多いのです。)

ご講話の最後にこんなことをおっしゃっていました。

「今日の講演が気に入ったらぜひ臨床歯周病学会に入会してください。」
(まだ未入会でセミナーに参加されたドクターや衛生士も多かったようです。)

先生はこの臨床歯周病学会を通して、歯周治療をきちんと行うことのできる意識の高いドクターを一人でも増やしたい。

それが国民の方々の歯の健康と幸せにつながることを強く願ってらっしゃるのだと感じました。

私は今回のこの講演を聴いて、ますます谷口先生のファンになりました。

いつまでも日本の歯周病学会のリーダーとして、歯周治療を担う先生方や歯科衛生士を牽引していただきたいと願っています。

谷口先生、大変貴重なお話を有難うございました。

※SPT :治療により病状安定となった歯周組織を維持するための治療。プラークコントロール、スケーリング、ルートプレーニング、咬合調整などの治療が主体となる。
 

人気ブログランキングへ

2015年6月12日 (金)

歯科医師・歯科衛生士合同セミナー☆ 一部の人の歯周病は重度になる

Hitotsubashi_photo

日本臨床歯周病学会・関東支部の歯科医師・歯科衛生士合同セミナーに行ってきました。

2015年5月17日 於:一橋大学・一橋講堂

まずは関東支部、新支部長の飯野文彦先生のごあいさつ

Director_3今年で32年目を迎える日本臨床歯周病学会。

ご自身が入会当初に感じた喜びと興奮を、若手の先生にも味わっていただきたい。これからも温かい会にしていきたいとの抱負を述べられました。
                                                             次に日本臨床歯周病学会、新理事長の二階堂雅彦先生のごあいさつ
Nikaido

日本臨床歯周病学会は日々臨床の現場で患者さんと向き合う
歯科医師、歯科衛生士からなるユニークな成り立ちの学会です。

1983年に3名の歯科医師を中心に設立以来発展を続け、現在3500人を
超える会員を有し、わが国における歯周病治療のリーダーシップを取る
学会の一つに成長しています。。。

二階堂先生は日本とアメリカの大学で学ばれ、日本とアメリカの歯周病学会を牽引されている方です。
両方を見ている先生は、今では日本の歯周病学会のほうが、天然歯を守ろうとする姿勢が強いと感じるとおっしゃっていました。
アメリカでは早めに抜歯→インプラントが主流のようです。

第一部は二階堂先生のご講話です。sun

題は『私の考える歯周治療』…歯周病で歯を失う人を一人でも減らすために

「国民の8割は歯周病」という事実があります。
そして一部の人の歯周病が重度になります。

でも、そのことを国民は知らない。
知らないのは私たちの責任ではないかとのお考え。

新理事長は、「歯周病で歯を失う人を一人でも減らす」ことをミッションとされ、国民の方々の気づきを増やし、歯周病知識をより深く浸透させることを目指したいと述べられました。

ある研究結果では、プラークが付着している人に何もしないで経過観察したところ、

 ほったらかしても何も悪くならない人が1割 
●少しづつ悪くなった人が8割
 ほったらかしたら全滅した人が1割  

 

ぺリオに理解のない歯科医院に通っていると、重度の歯周病へと移行してしまうことを教えてくれない。その場その場の治療で徐々に歯を失うことになります。

(※ぺリオ…歯周病、またはその治療)

Svgumdiseasetreatment

重度の歯周病の治療は

1.リスクを減らす。
  ○タバコをやめるなど生活習慣を改善する。
  ○抗菌剤を使用する。
  ○外傷性咬合の改善を図る。

2.細菌検査を行う。

3.確定的治療を行う。

  ○再生療法を行う。

4.SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)

  ○メインテナンスの確立。
 
↑これらをきちんと行うことが大切なのです。

つづいてインプラント周囲炎のお話です。
先生は現在、インプラント周囲炎が蔓延していることを憂いておられました。

さいごに再生療法のお話。
その歴史や現在の主流、先生の症例などの発表がありました。
二階堂先生の技術は素晴らしく、再生療法の可能性を改めて感じることができました。

ほったらかしても何も悪くならない1割の人を除き、全滅してしまう人や、少しづつ悪くなる人は是非きちんとした歯科医院で歯周治療を受けてください。

でも歯周病治療となる前に歯周病の予防をしましょうねsign01

第2部は前理事長、谷口威夫先生のご講話です。(次回へつづく)


人気ブログランキングへ

2014年12月11日 (木)

歯科衛生士プレミアムセミナー

Kmajisainohanataba_tp_v

日本臨床歯周病学会の歯科衛生士プレミアムセミナーに行ってきました。
(於:2014・11・30 新宿 快・快いい会議室)

今回は歯周病認定歯科衛生士対象ということで、全国から50~60名の認定歯科衛生士が参加しました。

 

講師は札幌の歯科医院で歯科衛生士をされている佐藤昌美さん。
衛生士歴24年のベテラン歯科衛生士さんです。

テーマは天然歯を守る歯周治療~根分岐部病変の歯周基本治療
ということで、歯周病の基本治療の重要性と根分岐部病変の治療に関する内容でした。

今回のセミナーで一番印象に残ったのは、この方の歯周治療に対する姿勢です。
どんなに難しい症例にも真面目に一所懸命取り組まれます。

 

重度の歯周病の方、それも普通だったらほとんど抜歯となってしまうようなケースもなるべく抜かずに保存させているのです。(固定のためのかぶせ物の治療はもちろん先生が行います。フルブリッジにしているケースが多いようです。)

Succesfailure

歯周治療にあたっては、数々の壁にぶつかるも、それを必ず乗り越える情熱と努力を惜しまない姿勢にとても関心いたしました。(関心している場合ではない!私も頑張らねばsweat01

ご自身を「昭和の歯科衛生士」とおっしゃってました。(私も昭和の歯科衛生士です(^-^;)

今の時代、インプラント治療を初めとする華やかな各種外科治療が花盛りの中、歯周基本治療一本でやる!なるべく基本の歯周治療で天然歯を守りたい!!―ということが良く伝わってきましたよ。

重度の歯周治療は、とても大変だけれど患者さんとの共同作業で作り上げていくのです。
もう抜歯しか選択肢がないような歯も、抜かないで保存し全体の歯列の安定を図っていく。
結果、それが実を結んだ時の喜びは、やはり努力したからこそのものなのですね。

重度の歯周病の方の治療では2年くらいの期間をかけて治療を行うそうです。
それで「はい、おしまい。」ではなく、一生のお付き合いをしていかれるとのことで、信頼関係なくしては、なしえないことなのです。

歯科業界にこんな歯科衛生士さんがたくさん活躍するようになれば素晴らしいのにな~と心から思いました。

Img_0058_2お昼休み、会場で知り合ったかわいい歯科衛生士さん2人とランチに行きました。

楽しくおしゃべりしていたらあっという間に1時間経ってしまい、あわてて会場に戻りました。

午後もみっちりご講話されてトータル約5時間本当にお疲れ様でした。そして貴重なお話をありがとうございました。

歯科衛生士のブログを紹介します!
歯科衛生士歴15年のマユユさん。マユユさんも私と同じように「歯に関して悩んでいる人が少しでも楽になれば」と思ってブログを始められたそうなんです。

 

↑マユユさんのブログ

 

フォト

メニュー

関連ブログ

  • ↑応援クリックお願いします!
無料ブログはココログ