2015年9月23日 (水)

【祝】ブログランキング第1位

Img_1149

ブログを初めて約2年、人気ブログランキング・歯・口・喉の病気のランキングで初の第1位となりました。shine

これもひとえに応援してくださった皆様のおかげと感謝申し上げます。

アクセスカウンターも11万アクセスに達しました。shine
本当にありがとうございます。happy01

ほんの少しでもお役に立てたかと思いますと無謀にもスタートして良かったな~と感じております。

これからも『歯周病を予防しようblog』をどうぞよろしくお願いいたします。heart04
 

ファーストナビ歯科衛生士 「歯科衛生士が見るべきブログはコレ!!」と歯周病を予防しようblogが紹介されました。歯科衛生士求人、業界トップシェアheart01 私も登録しようかな~ 


人気ブログランキングへ

「捨てる」エイジングケア【D(ディー)】トライアルセット

2015年5月15日 (金)

ドクターズ・ファイルってご存知ですか?

E146_ishidaiseikou_tp_v


Bnr_01_2

インターネットで病院やドクターを探す際に参考になるサイトです。

先生の診療方針や得意な分野、頑張ってきたことなどがインタビュー形式で掲載されています。
つらかった幼い頃の治療の経験、なんでその科の医者になろうと思ったのかや、休日の過ごし方など、先生の素顔がみられる記事も紹介されています。

私は自分が受診しようと思ったときは、ドクターズ・ファイルを見るようにしています。 先生のことがわかるとなんとなく親しみがわき、お話も素直に聞けるような気がするからです。

ちなみに現在の院長のドクターズ・ファイルは→ ドクターズ・ファイル

自分が働く歯科医院を探すさいも参考になります wink

みなさんも是非ごらんになってみてください。
(ドクターズ・ファイルのまわしものでもなんでもありません confident

ドクターは腕も大事ですが、何より人間性がいちばん大事!
人気のある病院はやっぱりいい先生がいるからなんですよね。

Doctor_3

  私の思ういい先生heart01

  優しい、雰囲気がいい、
  偉そうにしない、
  きちんと説明してくれる、
  目を見て挨拶をしてくれる、
  常に勉強していて、
  仕事が大好きで、
  生き生きしている。

2015年4月27日 (月)

アドバンスクリニック横浜に行ってきました②

Yn160326430i9a7076_tp_v


アドバンスクリニックに予約の電話を入れたのが2014年7月、予約がとれたのが2015年の4月、なんと9ヶ月待ちの初診予約でした。

キャンセルしようか迷いましたが、思いきって行ってみることにしました。

からだのどこかに、がんがあるかをチェックしてくれるとのこと。
普段飲んでいる薬やサプリメントが、からだに合っているかもチェックしてくれるそうなので、いくつかの薬とサプリメントをラップに包んで持参しました。

Profile_3

待合室には5~6組のご家族がいました。

私の番になり診察室へ
問診表に沿い先生とお話をした後、Oリングテストでの検査です。
Oリングは本で読んで知ってはいましたが初体験です。

「体中のがんと子宮のヒトパピローマウィルス、胃のピロリ菌の検査もしておきますね。」とおっしゃりスタート。 ちょっと緊張 (゚ー゚;

メディエーターの女性が中に入り、金属製の細長い棒で各臓器をチェックしていきます。
触れられている感じは全くなく、もちろん痛みも何もありません。

まずはがん検診→「からだのどこにもがんはありません。」
子宮と胃の検査→「ウィルス、菌はいません。」
薬、サプリメントの検査→「全てからだに合っています、問題ありません。」

全ての検査を終え、先生から「健康そのものです。」と言われ
何はともあれホッとしました。(^-^;

「半年に1回くらい検査をすればいいでしょう。」ということでした。

先生は優しく話しやすい感じの方でした。
叔父の話をすると、予約の日が遠かったことのお詫びの言葉をかけてくださいました。

Flob6b02

今や日本人の2人に1人がかかるといわれるがん。

 

―ある日突然宣告される。
―発見されたときにはかなり進行している場合が多い。
―原因がはっきりとわかっていない。
―治療法も確立されているとはいえない。

 

考えるととても不安な気持ちにさせられます。

 

今回、アドバンスクリニックを受診して、心のどこかにある不安を取ってもらえたようで、なんだか気が楽になりました。
受診の前はとても不安でしたが、終わってみると「あー思いきって受診して良かったな」と思いました。
実際にマイクロ波による治療が、効果があるのかどうかはわかりませんでしたが、通院されている方々のお顔が明るかったのが印象的でした。

がん活性消滅療法は、前田華郎氏が自らのがんを克服する過程でたどり着いた全く新しいがんの治療法です。

副作用や痛みのない「マイクロ波」を照射してがんを消滅させるこの療法で、手術・抗がん剤・放射線の三大療法が見放した患者の命を救い、その治癒率は7割に達し、末期がんであっても50%の治癒率を維持しています。

 

 医学博士で外科医である前田氏は、東京女子医大教授時代に前立腺がんと診断され、既存の医療に頼らない治療法の模索を始めます。

 その過程で「マイクロ波」の威力を知り、また微小ながんも見逃さない「共鳴反応検査」を取り入れた「がん活性消滅療法」を確立します。

 

 今、患者からの口コミで、三大療法の限界を知ったがんの専門医の注目を集め、この療法が広まりつつあるのです。

 

 


病気・症状 ブログランキングへ

アドバンスクリニック横浜に行ってきました①

Yn160326530i9a7097_tp_v
叔父(63才)のがんが発見されたのは昨年の6月。
黄疸が出てしまい、検査をしたところ胆管とすい臓にがんが見つかりました。

母の弟で優しい叔父さんを私たちは、名前の「○○○ちゃん」と呼んでいます。

私はどうしても助かってほしくて(―というのは胆管・すい臓がんは、がんの中でも治療が難しい難治性の病であることを知ったからです。)がんに関する情報を毎日インターネットで調べ、本を何冊も読みました。

『ゲルソン療法』、『サイモントン療法』、『ガン勝利者25人の証言』、『がんが自然に消えてゆくセルフケア』、『今あるガンが消えてゆく食事』、『ガンは5年以内に日本から消える!』、『究極の癌治療』、『幸せはガンがくれた』、『絶望を希望に変えるがん治療』etc.

Drmaeda2jpg_3

その中でこれは!と思ったのが、アドバンスクリニックの院長、前田華郎先生が書いた
『がん治療に苦痛と絶望はいらない』でした。

ぐずぐずしてはいられないと早速予約の電話をしたところ、「ご本人からのお申し込みでないと受けられません」とのこと。

…ん…困った!まだ渡した本も読んでくれていないし、「行く」とも言っていないし、
どうしよう…?と思っていたら、健康な人のメディカルチェックもしていますとのこと。

―ということで私の予約を入れておくことにしたんです。
その日が来たら私の変わりに叔父に受診してもらおう!と。

しかし、7月に入院した叔父は、手術もできない状態までがんが広がっていて、入院から1ヵ月後に旅立ってしまいました。
まだ若く、やりたいことが沢山あったでしょうに…私は涙が止まりませんでした。
 

アドバンスクリニック横浜に行ってきました②へつづく


病気・症状 ブログランキングへ

 

がん治療に苦痛と絶望はいらない 余命2ヵ月を完治に導くがん活性消滅療法

新品価格
¥1,404から
(2015/4/27 15:46時点)

 

2015年3月10日 (火)

『恍惚の人』より

Photo_3

新聞のコラムで紹介されていた有吉佐和子さんの小説『恍惚の人』を最近読みました。

その中で主人公(認知症の義父を介護する主婦)の夫の治療談が、歯科での苦悩を物語っているのです。

小説の中でここまで歯科治療について書かれているのはめずらしかったので紹介させていただきますね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 キキキキキ―ッと耳の奥から脳に響くような不愉快な音をたてて、機械の先端は信利の奥歯を穿っていた。

大きな口を開けたまま信利は幾度も歯医者の前でのけぞり、呻き、溜息をついた。

よだれが絶間なく舌の下から湧き出るが、口の中に突っこんである別の機械が、それを間断なく吸い出している。

文明が発達しすぎて公害の時代に入っているのに、歯科医学だけは戦前と少しも変わらずにこんなことばかりしているのかと、信利は腹立たしくなっていた。
この三年間に幾度この診療所に来ただろう。

会社の中の同じ建物にある診療所だから、時間のロスは最低限に押えてはいるものの、しかし毎度来ては歯を一本一本削り、虫歯を除き、金を詰め、金を詰めても何年かすれば隙間からまた虫喰いが始まり、あの我慢のならない神経の網目を走るような痛みが起こる。

そんなことの繰返しが、これからも何年続くというのだろうか。

 

治療が終わったとき、信利は情けなさそうな顔をしながら訊いた。

「先生、歯というのは遺伝ですか」

「遺伝もありますが、どうしてですか」

「親爺が歯では苦労してたのを思い出したんですよ。総入歯になったのも早かったようでした」

土曜日で半日だけの、信利が最後の患者だったので、歯医者は早く白衣を脱ぎたいらしく、ぴしゃりと言った。

「総入歯は簡単ですよ。抜歯すればいいだけで治療の必要はないですからね。私は総入歯にしたくないと思うから手間ひまかけてやっているんです」
 総入歯にしたものは、すぐに後悔する。

歯にある神経はできるだけ殺さない方がいい。

神経を抜くと、歯はもろくなって欠け易く、虫喰いも早く進んで総入歯への道を特急で走ることになる―というのがこの歯医者の信条なのであった。

信利が痛みに耐えきれないから、いっそ抜いてほしいと懇願しても、彼は頑として聞き入れない。

総入歯ほど不愉快なものはないと、信利の上司たち経験者も口を揃えて言うから、仕方なく歯医者の方針通りの治療は続けているものの、いつも診療所を出るとき信利は浮かない顔になった。

「親爺も歯性が悪かったから仕方がないですかな」

「いや、誰でも損んでくる所なんですよ、歯というものは、そういうものです

歯医者は信利の愚痴を封じるように言って少し笑った。

それはまるで、誰でも信利の年齢になればそうなるのだと宣言したようで、信利には気にいらなかった。

子供の頃から歯の痛みというものは、あまり知らずに過ごしてきて、こんなに歯医者の椅子にちょくちょく座るようになったのは、ここ三、四年くらい―いや、十年ぐらい前から始まっていただろうか。

戦争中の無理な生活や、戦後抑留されてからの食生活の窮乏などが、今になって歯に現れているのだ、と信利は思おうとしていた。

それと、やはり遺伝はあるに違いない。

物心づいてから信利の知る限り彼の父親は、相手が妻であれ子であれ、胃腸の不調と歯の具合悪さを訴えなかったことはなかった。

若い頃には、そういう親に反撥を覚えるばかりで、母親も病弱の父親一人の面倒を見るのが精一杯だったから、一人息子に生まれた信利は過保護になるところを免れ、体質的に母親のほうに似たせいか丈夫一方で生きてきていた。

戦後の日本でも生き抜いてきたのは、第一に体力があったからだと言っていい。

 

それが、ここへきて急に、まず歯が続けざまに具合が悪くなってきている。

俺も行末は親爺のようになるのかと信利はその日の残業に片頬を押えながら、時どき考えこんだ。

茂造は気難しくて、歯医者だけでも何軒変えたか分からない。

そのたびに喧嘩をし、総入歯を何度となく作り直し、それが具合が悪いとすぐまた歯医者を変え、揚句の果ては遂に材料と道具類を買いこんできて自分で入歯を作り出した。

何度も何度も作ってもらっているうちに、やり方は見覚えてしまったのだろう。

「次長、歯が痛むんですか」

信利のデスクの前に一人の青年が立っていて、こう話しかけてきた。

「そうなんだよ、まったく憂鬱さ、君などは若いからこの苦しみは分らんだろうがね」
「いや僕は子供の頃にひどい目にあいましたから、それ以来ずっと食後は必ず歯を磨いているんです」

「本当かね、それは手廻しのよいことだな」

信利は社歴三、四年になる若者の、輝くように白い前歯を眩しく見上げた。

「しかし今から食後は必ず歯を磨くという習慣を持っていたら、僕のようになってから違うだろうな。お母さんがよほど厳しかったのかね」

「いや、僕らのクラスじゃ大半がそういう習慣でした。小学校の給食のあと必ず歯を磨かせられたので癖になったのかもしれません」

「それは、いいねえ」

信利は感嘆し、息子の敏にもそういう習慣があるかどうかと思いながら、

「いやあ、歯というものは君、若い頃には想像もつかないものなんだよ、頭痛や腹痛のようにはいかない。癒ってさっぱりということがないからね。しかも次々と新しく故障が起きてくる。かなわないよ。」

有吉佐和子『恍惚の人』より
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

いかがですか?すごいですよね。
私が小・中学校のころ通っていた歯医者さんはみんなこんな感じでしたョ bearing

この頃に予防歯科や歯周病治療をされていた一部の先生は
歯科医として先駆的な存在なのです lovely 

そんな方はたぶん1割にも満たなかったでしょうね sweat02

で、この本に登場する歯科医は、虫歯になるのは仕方がない、
年をとれば誰でも悪くなるもんだって言ってしまってるんですよね

「誰でも損んでくる所なんですよ、歯というものは、そういうものです」と。

神経を抜くと、歯はもろくなって欠け易く、虫喰いも早く進んでしまうことを説明されているのは良心的な先生だと思います!

それにしても彼の口からは、歯周病(昔の呼び名で歯槽膿漏)の話が全くでてこなかったな~

でも最後に食後の歯磨きの習慣の話が出てきたのにはほっとしました。 

『恍惚の人』は認知症を知るのにとても良い小説だと思います。
誰もが直面する「老い」という課題を取り上げていて、自分や家族の未来を考えさせられる一冊でした。
読み物として、とてもおもしろかったですよ。是非ご一読を。

2015年1月 1日 (木)

油面のフレンチレストラン…☆

先日はいつものママ友とのランチ会、それぞれの自宅から徒歩5分くらいと近場で、
油面小学校の近くのレストラン・アヴリーヌさんに行きました。

お二人は子供達が小学校1年生からのお付き合いなので、かれこれ14年になるのかな♪ 内一人は偶然にも同じ歯科衛生士なんですよ!

 

このお店は私が長年、銭湯の一部と勘違いしていたところで、よく見るとそこにはレストランがeye 。内装もアンティークな装いで、広さもいい感じにこじんまりしていて落ち着きます。

この日はお魚メニューをオーダー(シェフのお任せ料理です♪)
運ばれてきたのはお魚のテリーヌサーモン巻きリゾット添えrestaurant

Img_0138

とっても美味しくいただきました。happy01
デザートは大好きなブラマンジェheartベリーのソースでこれまた絶品でしたよ。
美味しい自家製パンとエスプレッソコーヒーもいただきました。

12時に伺い3時ごろ「あの~そろそろ…」と言われ、まだまだしゃべり足りない私たちは2軒目へ。これまた近場のおしゃれなカフェKUNIMA  COFFEEへ。

ここは最近オープンした本格コーヒーのお店で、私はコスタリカコーヒーをいただきました。おいし~ヽ(´▽`)/
長居をしたのにりんごまでサービスで出してくださいました。ここも超落ち着きます。
さらに2時間ほどおしゃべりして「またね~♪」といって帰宅しました。

それでは近場のおいしいお店をそのうちまたご紹介しますねheart
「歯のお話」が中心ですが、たまにはね。

今年も素敵な一年になりますように ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
0504350x262_4
Photo_3

2014年6月20日 (金)

「下肢静脈瘤」 手術体験記②

Preventvaricoseveins

手術を終え、迎えに来てくれるはずの夫がなかなか来ません。sweat02

私は、「大崎のハートクリニックだよ」と告げていました。が、なんと、大崎には「ハートクリニック」が他にもあったんです! 携帯も自宅に忘れてきました。sweat01

紛らわしくも、南淵先生の「大崎病院ハートセンター」の 新聞記事も切り抜きテーブルに置いてありました。まったく、どこへ迎えに行けばよいやらsweat01

『ハート』heart01=『心臓』=『循環器』の病院ってことなんですねー (゚ー゚;

駅をはさんで反対側の「大崎ハートクリニック」に行ってしまった夫は、夕方の渋滞時大変な思いをして迎えに来てくれました。ごめんなさい (^-^; 

麻酔が切れかかったころ少し痛みはありましたが、翌日からはなんとなく歩け、階段も上り下りでき、約2週間程で完全復活いたしました。

手術は受けて綺麗になって本当によかったです。

「弾性ストッキング」というかなりきつめのストッキングを2ヶ月程穿くことになるのですが、 初めは苦手だったそれが、慣れると心地よく結構気に入ってしまいました。

1足3000円~5000円とストッキングとしては高いのですが、丈夫で伝線しないのです。
穿くと足がキュッとして細く見え、気持ちいいんですよ。

「下肢静脈瘤」の予防にもなるようなので、気になる方は試してみてください。

下肢静脈瘤の原因は、遺伝や、立ち仕事、座りっぱなし 、あるいは老化現象だそうで…

私の場合は。。。ん~~老化現象かな~。(^-^;

また1ついい(?)経験をいたしました。   

 

 

 
 


人気ブログランキングへ

 

「下肢静脈瘤」 手術体験記①

Varicoseveinprevention

さて、手術当日。「大伏在静脈」のエンドレーザー手術開始です。

まず処置をする血管にマジックで印をつけます。
足を消毒し、麻酔します。歯科で使う局所麻酔液と一緒でした。

この麻酔がいちばん痛かったですね。
静脈に沿って何ヶ所もうっていくんです。
血管をレーザーで焼くので、冷やした生理食塩水も同時に注入されました。

細いレーザーを太ももの付け根まで挿入し、 それを引き抜きながら静脈を焼いていきます。 痛みはありませんが、焼ける匂いがします。

ひざ付近の内ももで蛇行した静脈部分は、 レーザーが通らないので4ヶ所をメスで切開して、静脈を引っぱっては切り引っぱっては切りしていました。

「歯科衛生士さんだから傷口小さくしておくね~」とおっしゃりいつもより小さい傷で処置をしてくださいました。confident

約3ミリの傷口が4ヶ所できました。
丁寧に縫合されて包帯を巻き、約3時間で全て終わりました。

ありがとうございました。m(_ _)m

術中、私はずっとその様子を見ていました。
先生も実況しながら手術をしてくれます。

お土産に切り取った静脈をいただいて帰りましたヨ。scissors
夫と息子に見せようとしたら、いやがっていました。(笑)

先生は「僕も静脈瘤あるんだよね~手術しようかな~」っておっしゃってました。
とても気さくで手術も上手でいい先生でしたよ!

 

「下肢静脈瘤」手術体験記② へ                          

「下肢静脈瘤」発見!

Greenlaundry

ある晴れた日、洗濯物を干していると、夫の驚く声がしました。

「どうしたの~足、血管が盛り上がっているよsign01」私「えっ何sign02本当だ~何これ~bearingsign02

右足を45°ほどひねり見てみると、ひざ内側の血管がボコボコ膨れているではありませんか!

すぐにネットで調べてみると、この血管の膨れは、どうも「下肢静脈瘤」のようです。

さっそく何軒かの病院をリストアップし、自宅からも近く、口コミでも良さそうな「大崎シンクパークハートクリニック」 に行くことにしました。

診察していただくとやはり「下肢静脈瘤」とのことです。

でも先生は、「まだ手術をするほどでもない。もう少し様子を見てもいいのでは。」とおっしゃるので、とりあえずそのまま様子を見ることにいたしました。

その時の血管の膨れ部分は約10センチ程で、特に痛くも痒くもだるくもなかったので、先生がそういうのならと気にせず一年が経ちました。

Photo

久しぶりに内ももを見ると、なんだか血管の腫れの範囲が広がってきたような。。。
さらに、色も悪く、紫色になってきたような気がしたんです。
「これ以上、この血管のボコボコとしたのが広がっていくのはイヤだ bearing

私はその日のうちに電話をして、数日後、「大崎シンクパークハートクリニック」を訪れました。

先生は「ん~、そうだね。ちょっと大きくなったかな~。」「どうする?オペする?」とおっしゃいます。

私「はい、します! お願いします!」ということで、ようやく手術をする運びとなったのです。

下肢静脈瘤とは、下肢(ふくらはぎすね)に血管がボコボコ膨れていたり、
浮き出て見えるもので、血液の逆流を防ぐ弁が正しく閉じなくなり、
血液が逆流することによって起こる病気です。 

                                つづく

「下肢静脈瘤」手術体験記①

 

 

 

 

2014年2月14日 (金)

結婚式 …☆…

Tsu16022816_tp_v

同僚の歯科衛生士YUUちゃんの結婚式に行ってきましたheart

とっても綺麗な花嫁さんで、湘南の海をバックにとっても素敵な結婚式でしたよ。

お幸せそうなお二人を見て、私もすご~く幸せな気分になりました o(*^▽^*)o

 

Photo

どうぞ末永くお幸せにheart04

 

フォト

メニュー

関連ブログ

  • ↑応援クリックお願いします!
無料ブログはココログ